Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

読書

複業・パラレルキャリアを目指す方へおすすめの本を紹介します!

どうも、複業フリーランスのそみ(@somi_koguma) です。 今回は複数の仕事をこなす”複業”、複数のキャリアをつむ”パラレルキャリア”を目指す方へ、参考になりそうな書籍を紹介したいと思います。 マルチプル・ワーカー 「複業」の時代 自宅でひとり起業 仕事…

書籍『複業のトリセツ』は、パラレルワーカーを目指す人のための入門書です。

どうも、複業フリーランスのそみ(@somi_koguma) です。 ここ1~2年、複業やパラレルキャリアなどの新しい働き方が広がっている中、複業・パラレルキャリアを目指す人のための書籍も増えてきていまして。 わたしも実際に複業をしているため、いろいろな本を…

書籍『クリエイティブ思考の邪魔リスト』は、複業フリーランスとして成長していくためのヒントが学べる1冊でした。

こんにちはー!複業フリーランスのそみ(@somi_koguma) です。 ブログで何回も書いているように、わたしは複数の仕事をこなす複業フリーランスとして日々生計を立てており、今年で2年目を迎えました。 で、複業フリーランスとして2年もやっていると、フリー…

書籍『好きなことだけして生きていけ』は好きなことを仕事にしたい人の背中を押してくれる1冊です。

どうも!複業フリーランスのそみです。 わたしは日々”嫌なことで消耗しない生き方”を目指して、可能な限り自分の適性に合った仕事をするようにしています。 ”好きなことを仕事にする”という境地にはまだ至っていませんが、比較的ストレスフリーに仕事をこな…

ひとりでいるのが好きな方へ、”孤独力”の強みを教えてくれる本3冊を紹介します。

どうも、そみです。 このブログで何回も書いているように、わたしはひとりで黙々と作業したり、部屋にこもって本を読んだりするのが大好きなタイプの人間でして。 元々、人と話すのは好きなんですが、コミュニケーションの持久力が少なく、数時間誰かと一緒…

書籍『孤独の磨き方』を読んで、”孤独力”こそが自由に好きなことができる生活の基礎だと思った。

みなさん、こんにちはー!そみです。 わたしは日頃から、”自由に好きなことができるライフスタイル”を目指しておりまして、可能な限り自分の直感や考えに正直になるように心がけています。 自分でいうのもなんですが、わたしは割とぶれないタイプの人間で、…

韓国の大ベストセラー『立ち止まれば、見えてくるもの(멈추면 비로소 보이는 것들)』の日本語版を読んでみた。

こんにちは、そみです。今回は韓国エッセイ本の紹介。 以前、”心が疲れたときに読みたい、癒し韓国エッセイ本5冊を紹介! - Koguma”という記事でも紹介した、『立ち止まれば、見えてくるもの(멈추면 비로소 보이는 것들)』という韓国のエッセイ本。

書籍『なるべく働きたくない人のためのお金の話』を読んで、自分の幸せの基準を大切にするぞ!と改めて思った。

こんにちは、そみです。 日頃から、あまり働かないゆるい生活を目指していることもあって、スローライフ的な本をたくさん読んでいるのですが、最近読んだ『なるべく働きたくない人のためのお金の話』っていう本がとっても面白かったです。

心が疲れたときに読みたい、癒し韓国エッセイ本5冊を紹介!

こんにちは、そみです。今回は本の紹介をちょこっと。 私は普段からよく、語学勉強も兼ねて韓国の本を読みます。 韓国に行くたび、友人からおすすめされた本や立ち読みしていて心にグッときた本を1~2冊買い、旅行中にカフェで読むのがささやかな楽しみで…

韓国でベストセラーになった癒しエッセイ『ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに』の日本語版を読んでみた

こんにちは、そみです。 私は日本の本だけでなく韓国の本も大好きでして、韓国に行っては本屋に立ち寄り、気になる小説やエッセイなどを1~2冊購入します。 いつもは韓国語で読むのですが、内容が心にグッとくる本は「是非日本語でも読んでみたい!」と思…

書籍『ヒュッゲ 365日「シンプルな幸せ」のつくり方』から学ぶ、日常の小さな幸せの見つけ方

どうも、そみです。 ブログで何回も書いていることなんですが、私は日頃からミニマルな生活に関心を持っており、日常生活の中に隠れた小さな幸せを意識した毎日を送っています。 昔は、ショッピングをしたりテーマパークで遊んだりすることもあったのですが…

書籍『10年後の仕事図鑑』は未来が不安な人におすすめの1冊です。

こんにちはー!そみです。 今回は最近読んで面白かった『10年後の仕事図鑑』という本の中で、印象に残った言葉やそこから感じたことなどをつらつらと書いていきたいと思います。 AIによってこれからの時代がどう変化するのか AIに仕事を奪われても問題ない?…

書籍『孤独をたのしむ力』を読んで”孤独力”こそが現代人に必要なスキルだと気づいた

こんにちは、そみです。 突然ですが、日本社会において”孤独”って言葉のイメージはかなり悪いですよね。 どれだけ人とつながるか、どれだけ一人にならないかっていうことにみんな必死になっていて、常にSNSやメールなどで人とつながっていないと不安で、少し…

ミニマリストブロガーしぶさんの著書『手ぶらで生きる』は自由へのヒント満載の1冊でした

こんにちは、そみです。 日頃から、好きなものだけにフォーカスした生活を送っていることもあって、頻繁にミニマリストの方のブログや本を読むのですが、最近読んだ『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』は、ミニマリストの考え方をギ…

『本の未来を探す旅ソウル』は韓国の本屋・ブックカフェ好きにはたまらない1冊でした。

どうも、そみ(@somi_koguma) です。 私は頻繁に韓国に行くのですが、行ってすることといえば、カフェ巡り、本屋巡り、そして友人との食事が大半でして。 韓国旅行といえば世間的に、エステやショッピング、韓流スターの追っかけなどのイメージが強いですが、…

現代社会の働き方・暮らし方に悩む方へ、書籍『次の時代を、先に生きる』をおすすめしたい。

こんにちは、ゆるく生きるがモットーのそみです。 日頃からゆるゆるした生き方を学べる本を好んで読んでいるのですが、最近読んだ『次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -』という本が、かなり良書でした。 著者の高坂勝…

自由に生きたいならまず「疑う力」を鍛えるべき

こんにちは、そみです。 大学を卒業して2年が経過しますが、最近ひしひしと感じているのが「疑う力」の重要さ。 大学生のとき慕っていた教授が、口酸っぱく「常識を疑え!!!」って言っていたんですが、そのときは大学という集団に属していたせいか、その…

『日本人が知りたい韓国人の当たり前』は韓国語と韓国文化を同時に学べる1冊です

こんにちは、そみです。 最近、韓国語と韓国文化が同時に学べる本はないかなーと探していたところ、いい感じの本を発見しました。 それがこちらの「日本人が知りたい韓国人の当たり前 韓国語リーディング」 こちらは、韓国の日常生活、地理歴史、現代社会、…

出来るだけ働きたくないあなたへ「あまり働かない生き方」を学べる本5冊を紹介!

こんにちは。そみです。 日頃、複業フリーランスとして生計を立てている私ですが、労働意欲はわりと低めでして。 仕事は幸せになるための手段であって目的ではない、というスタンスで日々仕事に取り組んでいます。 AIに関するニュースを見るたび「早く人間が…

書籍「人間は9タイプ」は人の適性把握に役立つ一冊でした。

最近読んで面白かった「人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書」という書籍。 タイトルに惹かれて手にとってみたのですが、気づいていなかった自分の適性を把握したり自分と違ったタイプの人への理解を深めたりするのにかなり役立つ本でした。 この…

【自由な生き方】何を捨て何を残すかで人生は決まる

こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。 2月は仕事や用事がドンドン入ってきてしまい、なかなかブログ更新ができませんでした。 慣れない忙しさで体調を壊したり、用事でバタバタしたりしているうちにあっという間に2月終了。 自分のペースを大きく踏み外…

『ひきこもれーひとりの時間をもつということー』は1人で熟考することの大切さを教えてくれる1冊です。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 他の記事でもほのめかしていたんですが、わたくし結構な引きこもり体質でして…。 1日中外出したり、親しくない人と長時間一緒にいたりすると、「ああ、もうダメ」ってなって…逃げ出したくなるんですよね。 だからと…

今の働き方にモヤモヤしている20代におすすめの一冊。

先日、友人の勧めで読んだ「アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略」 会社を辞め、プロブロガーになったあんちゃさんが書いた本です。 彼女はかなり有名なブロガーさんである上、生き方や働き方において日本では少数…

『モバイルボヘミアン』は旅しながら働くためのヒントが学べる1冊です。

最近読んだ「モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには」という本。 旅しながら働き、海外を点々と暮らすためのノウハウやマインドが書かれている本です。 私は海外大好き人間である上、最近はパソコン1台でフリーランスとして活動しているので、こ…

韓国のベストセラー「私は私で生きることにした」を読んでみた

新年、明けましておめでとうございます。 今年も「Koguma」をよろしくお願いいたします!! 2018年度一発目は、お気に入り韓国本の紹介。今回紹介する「나는 나로 살기로 했다(私は私で生きることにした)」は、大人としての生活をスタートした若者や、社会…

れんげ荘物語「働かないの」から学ぶ、身の丈生活のカタチ

最近読んだ、群ようこさんの「働かないの」。月10万円で暮らしている女性(キョウコ)の暮らしを綴った小説です。 読者さんがおすすめして下さったことがきっかけで読んだのですが、文章が柔らかくまったりとしていて、読んでいるうちに心がじ~んわりほぐ…

「自由でスローな生き方」のヒントが学べる本10選!

こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。 私は今年に入ってから本格的に複業フリーランスとして活動していますが、元々体力も気力もあまり無いタイプなので、「スローに」「日常を大切に」「無理しない」を常にモットーとしています。 理想的な働き方や生き方…

これからの時代をどう生きていくか迷っている方には「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」がおすすめ!

こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。今年も残る1カ月ですね。 私は毎年年末が近づいてくると、ざらざらとした複雑な気持ちになります。今年も思いっ切り生きられたかな~とか、自分は何を感じながら毎日を過ごしたのかな~とか、いろいろ振り返るのです…

「翻訳できない世界のことば」はことばの可能性を感じさせてくれる一冊でした。

最近、前から気になっていた「翻訳できない世界のことば」を読んでみました。語学マニアとしては、かなり興味深い一冊だったので、今回はこの本を読んで思ったことを少し書いていきたいと思います。

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』を読んで、自分がなぜ旅好きなのかに気づいた。

最近読んだ本の中でもかなり面白かった「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」 お笑いコンビオードリーの若林正恭さんが書いたキューバ旅行記です。 5日間のキューバ旅行記がコミカルに、繊細に綴られていて、今年読んだ本の中でもダントツ琴線に触…