韓国の本

韓国エッセイ『私だけの(本)部屋 - 空間欲』を読んでみました。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 私は昔から家大好きっ子でして。 子どもの頃から、自室の机や棚の位置を頻繁に変えたり、好きなものを小さい空間につめこんだりすることに大きな喜びを感じる人間でした。 よく、頭の中で理想の部屋の構想を練って遊…

韓国本『善良な差別主義者』を読んでみました。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 私の人生目標のひとつが、無害な人になることでして。 目指す無害さとは、絶対に他者に迷惑をかけないという意味ではなく、自身の無意識の言動が差別につながらないよう常に気をつけられる人のこと。 日頃、本を読み…

韓国本『非婚授業 - 楽しい1人家族の指針書』を読んでみました。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 私はまだ非婚主義と決めたわけではないんですが、普段から日本の婚姻制度に違和感を感じていまして。 互いに尊重し合えるパートナーと暮らすことになったとしても、今のところ結婚を選ぶことはないかなあと思っていま…

【Q&A】読者さん、フォロワーさんからの本、読書に関する質問に答えてみました!

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 ブログを始めて、早4年。 立ち上げ当初は韓国旅行ブログでしたが、コロナの影響もあって、完全に読書ブログ化しちゃいました。(もちろん旅行に行けるようになったら、また旅ブログに戻る予定です) SNSやブログに本…

韓国エッセイ『フリーではないフリーランス生活』を読んでみました。

皆さん、こんにちは!そみ(@somi_koguma) です。 フリーランスとして働き始めて約4年半経ちましたが、相変わらず不安と自由の狭間を行ったり来たりする日々を送っていまして。 ある日は「この先どうしよう。不安で死にそう....。会社員になっとけばよかった.…

韓国エッセイ『3nの世界- 30代韓国女性が経験したアンスペクタル奮闘記』を読んでみました。

皆さん、どうも〜。そみ(@somi_koguma) です。 本日27歳になりました。(心は23歳で止まってますが......) 10代に思い描いていた”20代後半の自分”は、パートナーがいて、会社でバリバリ働いていて、子どももいる、仕事も子育ても頑張る女性でした。 昔から…

イラスト多めで読みやすい!初めて韓国本を読む方におすすめのエッセイをまとめてみました。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 私は韓国語を勉強し始めて約11年たつんですが、2年目ぐらいの頃に、気分転換も兼ねて、韓国語で書かれた本を読み始めまして。 韓国語で書かれた本を読む習慣をつけたことによって、教材だけで勉強していた頃に比べて…

韓国エッセイ『物から学びます-今日がすてきになる魔法』を読んでみました。

どうも、そみ(@somi_koguma) です。 私は昔から、物をあまり買ってもらえない家庭で育ちまして。 友達が最新のゲームを買ってもらっているのを見て、クリスマス前に必死に親にプレゼンしたけど、結局朝ベッドの横にあったのは絵本だったり、欲しいものがあっ…

韓国エッセイ『適度に近い関係-さみしくも疲れもしない、あなたと私の距離』を読んでみました。

こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。 今日は今月読んだ韓国エッセイのレビューを少し。 韓国はもちろんのこと日本でも大人気のエッセイ『怠けてるのではなく、充電中です。』の著者、ダンシングスネイルさんの新作エッセイがこの夏に刊行されまして。 そ…

2020年に読んだ25冊の韓国本の中から、ベスト韓国本を5冊紹介します。

どうも、そみ(@somi_koguma) です。 2020年に購入してよかったもの、暮らしの質を上げてくれたアイテム! の記事にも書いていましたが、2020年は韓国本を狂ったように読んだ1年でして。 とはいえ1ヶ月に2冊ペースと大した量ではないですが、去年と比べると書…

カフェ・コーヒー好きさんのための韓国エッセイ『常連ですみません 』を読んでみました。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 先月から原因不明の胃腸炎に苦しんでいまして。(一度治ってもすぐぶり返すから精神的なものかもしれない....) そのため、胃の回復のために大好きなコーヒーを控えているのですが、笑っちゃうほど体が全く使い物にな…

イ・ランさんの新作エッセイ『好きでしていることでも、お金は必要です』 を読んでみました。

こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。 今回は、最近読んでよかった『好きでしていることでもお金は必要です』 という韓国エッセイを紹介したいと思います。 『好きでしていることでもお金は必要です』は歌手、監督、エッセイスト、漫画家など幅広い分野で…

韓国エッセイ 『平日も人生だから - 週末ばかりを待たない人生のために』

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 最近、読み終わるのが嫌なくらいドタイプの韓国エッセイに久しぶりに出会いまして。 それが今回紹介する『平日も人生だから - 週末ばかりを待たない人生のために』 という2019年の春に刊行された韓国エッセイ。 多様…

韓国エッセイ『笛を吹く女性たち-女性間の生活・セクシュアリティー・親密性』を読んでみました。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 普段メディアを見ていてよく感じるのが、”家父長制社会から距離を置いた女性”のストーリーが極端に少ないということ。 幼いころから目にしてきたコンテンツの中の女性は、男性社会に属した状態で描かれることがほとん…

【韓国エッセイ】ハ・ワンさんの新作エッセイ『私は横顔がもう少しマシなんですが』を読んでみました。

どうも、そみ(@somi_koguma) です。 韓国でも日本でもベストセラーになった『あやうく一生懸命生きるところだった 』 の著者ハ・ワンさんが、7月に新作エッセイを発売されました。 自分のペースでゆるく生きたい私にとって、前作は今でも定期的に読み返すバ…

韓国エッセイ 『말하기를 말하기 (話すことを話す)』から学ぶ、知性のある話し方。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 私は昔から話すことにあまり自信がない人でして。 おそらく頭の中でぐるぐる考えた後、ぽつりぽつりと話始めるタイプなので、瞬発力が求められる会話では置いていかれることが多いんですよね。 だから学生時代は弁が…

韓国エッセイ『実は内向的な人間です ー 今日も社会性ボタンを押すあなたへ』は内向的な人のための癒し本です。

皆さん、こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。 フォロワーさん、読者さんはすでにお察しでしょうが、私は典型的な内向的な人でして。 家大好き(コロナの影響もあってかれこれ5ヶ月くらい引きこもり中)、対人エネルギー少なめ、不安と恐怖を抱えがち、ひ…

韓国エッセイ『おかしくて自由なおばあさんになりたい』社会の隅っこで人生を完成させていく心構えについて。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 以前からブログを読んでくださっている方はすでにご存知かと思いますが、私は子供のときからずっと社会に馴染めたためしがなくてですね。 HSP、リスロマンティック傾向、不安障害などなど、マジョリティーが作った社…

【韓国エッセイ】キム・スヒョン作家の新作『애쓰지 않고 편안하게 (頑張りすぎずに、気楽に)』を読んでみました。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 最近Twitterにも書いていたのですが、『私は私のままで生きることにした』で話題となったキム・スヒョン作家の新作エッセイ、『頑張りすぎずに、気楽に』を先月末に購入しまして。 毎日少しずつ読み進めようと思って…

韓国エッセイ『怠けてるのではなく充電中です』の日本語版を読んでみました。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 昨年の秋、韓国のエッセイ『韓国語版 怠けてるのではなく充電中です』 なまけてるんじゃなくて充電中です』 をブログで紹介したのですが、 ついに!先月末、日本語版が発売されました!!ぱちぱちぱち! 『怠けてるの…

韓国フェミニズム本『私は男性で、フェミニストです』を読んでみた。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 以前韓国の本屋をぶらぶらしていたとき、タイトルを見て即買いした本がありまして。 それが今回紹介する『私は男で、フェミニストです』という本。 タイトルを見たとき、果たして男性が本当のフェミニストになれるの…

読書を最大限に楽しむ!私の最近の読書法、こだわりについてお話します。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 今回はですね、軽い活字中毒の私の読書法、こだわりなどを紹介したいと思います。 そんなに役立つ記事ではないですが、「へー。この人はこんな感じで本を読んでいるんだ」 程度に思ってもらえれば幸いです。 数冊の本…

日常の些細な発見がつまった韓国エッセイ『無理のない範囲で』

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 突然ですが私は他の人の日常を覗くのが結構好きでして。 普段からYoutubeなどでvlogを見るのも好きですし、フォローしている方のインスタのストーリーを見るのも好きですし、日常を綴ったブログを読むのも好きです。 …

韓国フェミニズム漫画エッセイ『クソ女の美学』の日本語版を読んでみたのでレビューします!

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 先日 『クソ女の美学 』というフェミニズム本がワニブックスから発売されました。 韓国の本屋で立ち読みした程度だったので改めてちゃんと読もうと思っていたんですが、そんなときに邦訳版発売の知らせが飛び込んでき…

韓国本『二度とその前に戻らないだろう - 進化するフェミニズム』で昨今の韓国フェミニズム歴史を振り返る。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 先月、韓国でn番部屋事件という惨い出来事がありましたね。 内容が衝撃的すぎて、しばらく身体が使い物にならない状態になってしまったのですが、最近は無気力感が怒りに変わり、フェミニストとして声をあげていく決…

韓国エッセイ『今日はこれでちょっと休みます』は、1日の終わりに布団の中で読みたいエッセイです。

こんにちは、 そみ(@somi_koguma) です。 最近Twitterにも書いたことなんですが、私は毎日3冊くらいの本を並行読みしておりまして。 私はいつも1日に3冊くらいの本を並行して読んでいて、時間帯によってジャンルも決めてます朝や昼は頭が冴えてるから社会問…

ソウルにある性平等図書館”ヨギ”で、韓国フェミニズムの熱を感じてきました。

皆さん どうも、そみ(@somi_koguma) です。 以前ソウルに行ったとき、韓国フェミニズムと私たち [ タバブックス ]で紹介されていた性平等図書館”ヨギ”に行ってみたので、今回はその訪問記を書きたいなと思います。 この施設は ・韓国フェミニズムの歴史を知…

韓国本オタクはどうやって買う本を決めている?わたしの韓国本リサーチ方法を紹介します!

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 先日、1週間だけTwitterに質問箱を設置しまして。 ありがたいことに数名の方が質問やメッセージをくださり、改めて多くの方がツイートやブログを見てくださっていることを実感しました。 ブログには旅行に関する話を…

韓国エッセイ”言葉の温度”  何気ない一言に込められている温度について

こんにちは、 そみ(@somi_koguma) です。 私は普段ひとり行動をよくすることもあって、カフェや電車で隣に座った人の会話を聞こうとしてなくても、スッと耳に入ってくることがあってですね。 全く知らない人ですが、彼等の会話を数分聞いているとそれぞれの…

韓国のベストセラーエッセイ”死にたいけどトッポッキは食べたい”の日本語版を読んでみました。

こんにちは、 そみ(@somi_koguma) です。 昨年から今年にかけて韓国のエッセイや小説の日本語版がどんどこ発売されていて、お財布がピンチになりつつあります。 先日も韓国のベストセラーエッセイ、죽고 싶지만 떡볶이도 먹고 싶다の日本語版が発売されまし…