Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

韓国留学や韓国旅行でのお金管理はキャッシュパスポートが便利です!

 

こんにちは。

皆さんは韓国に留学するときや旅行されるとき、どのようにお金の管理をされていますか?

私は韓国に長期滞在したり旅行をするとき、現金・クレジットカード・キャッシュパスポートの3つでいつもお金の管理をしています。

f:id:schhms:20170617235809j:plain

キャッシュパスポートとは、海外のATMで現地通貨が引き下ろせデビットカードとしても使用できるトラベルマネーカードです

私は4年前に韓国に留学した際に作り、現在まで韓国や他の国に旅行・留学する際に愛用し続けています。

海外でのお金管理は現金・クレジットカードだけ!という方も多いと思いますが、万が一に備えてキャッシュパスポートも持っていき、リスクを分散する形でお金の管理をされることおすすめしたいです。

なぜなら現金やクレジットカードは紛失・盗難されるリスクが高く、被害も大きいからです。

 

私は主に現金を両替して使うことが多いですが、紛失や盗難のリスクを考えて、あまり大金は持って行かないようにしています。

クレジットカードは便利ですが、使いすぎてしまうというデメリットがありますし、スキミングや盗難・紛失のリスクが付きまといます。

そこでもう一つのリスク分散として、キャッシュパスポートをいつも持って行っています。

 

正直メインとして使うことはあまりありませんが、補助的な役割として使用しています。

今回は長年キャッシュパスポートを使ってみて感じたメリットとデメリット、そして韓国で使ってみた感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

キャッシュパスポートのメリット

  1. 無審査&年齢制限なし
  2. 年会費や発行手数料無料
  3. スペアカードがついてくる
  4. 使いすぎる心配がない
  5. 複数の国で使える

1.一つ目のメリットはクレジットカードのような審査や年齢制限などがないという点です。

審査がないので最短1週間ほどで手元に届きます。

なので留学や海外旅行が目の前にせまっているという方にもおすすめです。

 

私の場合も、留学2週間ほど前にキャッシュパスポートの存在を初めて知り、ぎりぎりかなと思いながら申し込みをしましたが、本当にすぐに手元に届いたのでかなり助かりました。

 

2.二つ目のメリットは発行手数料が無料という点です。

キャッシュパスポートを使う前は、本当に便利なのかな~?作るべきかな~?と思いましたが、発行手数料も無料だし作っておいても損はないか!と思い申し込みました(笑)

入金さえしたらいつでも海外で現地通貨を引き出せるカードがあるというのは心強いですし、留学を控えている方や海外旅行に頻繁に行かれる方は持っておいても損はないかと思います。

 

3.キャッシュパスポートはメインのカードと、もう一枚同じように使えるカードを発行してもらえます。

これは万が一紛失したり盗難被害にあった時のためのスペアカードです。

クレジットカードは紛失するとその時点で使えなくなりますが、キャッシュパスポートの場合は一枚紛失してもスペアカードがあるので安心です。

もちろん紛失した際にはメインのカードを止める必要がありますが、スペアカードはそのまま普通に使用できるので盗難や紛失で一文無しになる心配はありません。

 

4.キャッシュパスポートはプリペイド式なので、チャージしておいた金額から使った分が引かれる仕組みです。

クレジットカードより使いすぎを防げるかなと思います。

 

5.私が使っているのはマルチカレンシーキャッシュパスポートといって9つの通貨が使用できるタイプです。

なので、韓国だけでなく他の国でも使用できます。

昨年、マレーシア・台湾に行ったのですがその時も同じカードがそのまま使用でき、とても便利でした。

 

キャッシュパスポートのデメリット

  1. 引き出す際に手数料がかかる
  2. ATMによっては引き出せないところもある

 1.どこの国でも現地通貨がおろせるという便利な面がある反面、ATMでお金を引き出す際に手数料がかかるといったデメリットもあります。

また、使用する国や条件によっては為替手数料もかかる場合もあります。

そのため、私が韓国で留学していた際は、学費や家賃など、まとまった金額を支払う際に使用していました。

こまめにATMからおろすと手数料がかかるので、一度にまとまった金額を引き出すように工夫することで、手数料を節約していました。

 

2.世界210以上の国地域のマスターカード対応のATMが使えるとのことですが、私の経験上、地域によっては使えないATMもありました。

繁華街などは割と使えますが、少し郊外にある小さなATMなんかは使えない場合がありました。

 

韓国(ソウル)でキャッシュパスポートを使う

f:id:schhms:20170618185716j:plain

 

私は主に、韓国(ソウル)に長期滞在する際にキャッシュパスポートを使用しますが、私の経験上一部エリア(郊外や小さなATMなど)を除いてほとんどの地域でATM引き出しが可能です。

ただ主にソウルでしか使用したことがないので、他の地域でどれだけ使用できるかは正直わかりません。

また、この記事を読んでおられるのはおそらく韓国留学や旅行を控えておられる方が大半だと思いますが、キャッシュパスポートはお金管理のメインとしてバンバン使うというよりは、サブ的な役割として使われることをおすすめしたいです。

 

文頭でも書いたように、私は留学していたとき主に現金・クレジットカードを使用し、キャッシュパスポートは補助的に使用していました。

ATM手数料がかかるのと、レートによっては損することがあるので、正直メインで使うことはありませんでした。

ただ、日本からまとまった金額を送金してもらうにはかなり便利でしたし、盗難や紛失の被害にあったときのためのリスク分散として、お守りのような役割をしてくれてました。

また、韓国はカード社会なので、現金よりもカード払いが便利なときがあります。

審査に落ちてしまったり、未成年であるためクレジットカードが作れなかったという方が、クレジットの代わりとしてキャッシュパスポートを使用するのもひとつの使い方かなと思います。

 

まとまりのない記事になってしまいましたが、これから韓国に旅行・留学される方に少しでも参考になれば幸いです。

本記事は私の主観的な感想や経験を元に書いたものなので、詳しい内容や使い方などは公式ホームページをご参考くださいね!→https://www.jpcashpassport.jp/

 

スポンサーリンク