韓国のベストセラーエッセイ、+1cm(プラスイッセンチ)は柔軟な視点と癒しを与えてくれる1冊です。

 

こんにちは、韓国本オタクのそみ(@somi_koguma) です。

 

今回は2013年頃に韓国で購入した本、『+1cm(プラスイッセンチ))』を紹介したいと思います。

 

こちらのイラスト本は、可愛らしいイラストと心温まる文章が話題となり、韓国だけでなく、日本やアメリカでも出版された1冊でして。

 

「自分の視点を1センチずらすだけでも、世界は変わってみえる」というメッセージががちがちになった思考や曇ってしまった目を、優しく溶かしてくれます。

 

f:id:schhms:20171003173412j:plain

 

今回は、この本の中で印象に残った言葉を少し紹介したいと思います。

 

 

環境を変える勇気

 

・앉은 자리를 바꾸지 않으면 새로운 풍경을 볼 수 없다

座る席を変えなければ新しい風景を見ることはできない。

 

 

環境を変えるのは、簡単なようでとても勇気のいることですよね。

自分の置かれている環境に不満を言いながらも、結局だらだらと居続ける方が楽に感じたりするものです。

ただ、私も20代になってから薄々感じ始めたことですが、環境の影響って本当に大きいんですよね。

いくら気持ちを改めても、環境を変えなければ、新たな考えや柔軟な視点を育てるのは難しいです。

 

おばあさんになったとき、同じ席で同じことしか言わないような人になっていたくない。

定期的に今座っている席を変えて、柔軟に生きていきたいものです。

 

常識やルールに適応しすぎない

・적응하지 말것

適応しないこと

 

適応するのはいいことだと語られがちですが、マイナスな面もあります。

大きな流れに適応しすぎた結果、毎日報道される悪いニュースに無反応になったり、不条理なルールに反抗しなくなったり、傷ついている人に無関心になったり…。

大きな流れに適応してしまえば一見楽ですし、無難な人生を送れそうな錯覚さえも生まれます。

ただ、思考停止になった先に何があるのか…考えるとゾッとしますよね。

これは私の幸せを奪うものではないのか、より良い社会の妨害となるものではないのか、面倒でもその都度頭で考える必要があると思います。

効率や生産性を求められる社会では、とにかく与えられた環境に適応することが良しとされていますが、たまには立ち止まって、世を見る目の解像度を上げたいですね。

 

f:id:schhms:20171003173416j:plain

 

人生に足したい1cm。

こわばっている心や考えを柔らかくほぐしてくれ、読み終わった後は心が軽くなります。

イラストもとっても可愛いので、絵本のような感覚で読めますよ。

 

今回私が読んだのは韓国語版ですが、調べてみると最近日本でも『 1cm(プラスイッセンチ)たった1cmの差があなたの世界をがらりと変える』というタイトルで発売されたようです。

こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

 

 

 

韓国書籍 関連記事▼

 
スポンサーリンク