Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

シンプルライフの基本は「生活の些細なことを楽しむ力」だと思う。

スポンサーリンク

こんにちは。そみです。

今年に入ってからシンプルでミニマルな生き方に目覚め、断捨離やら節約生活やらDIYやら、いろんなことに手を出しまくっています。

節約生活と言うと、貧乏たらしいというマイナスイメージを持たれがちですが、実際してみるとまるでゲームのよう。

頭も使うし、お金も貯まるし、何といっても生活の些細なことへの情熱が生まれるんですよね。当たり前だと思っていたモノへの感謝の気持ちも生まれるし、いいことづくめ!

まだ20代前半なのに、若年寄りみたいって思われるかもしれませんが、シンプルライフを始めてから、お金をあまり使わなくなりました。

そして最近よく思うのが、「生活の些細なことを楽しむ力」ってかなり大切だということ。

f:id:schhms:20171103221300j:plain

お金ありきの楽しさはリスキーだ

人によって楽しみ方っていろいろあって、お金をパーッと使ったり買い物を楽しむ!っていう人もいれば、家で美味しいご飯を作ったり、ゆっくりコーヒーを淹れたり、散歩したりといった日常の延長を楽しむっていう人もいます。

私はどちらかというと後者なのですが、前者の場合、かなりリスクのある楽しみ方だな~って思うんです。

もちろん、たまにはパーッとショッピングするのもありですが、それってお金ありきの楽しみ方というか、持続可能な楽しみ方ではないと思うんです。

お金って便利なもので、私たちを即効で良い気分にしてくれます。

私も以前は、ストレスが溜まったら衝動買いをしたり、必要のないものをため込んだり、かなりお金に頼った生活をしていました。

f:id:schhms:20171103221340j:plain

生活の些細なことが楽しくなる

でも、自由に生きることを目標にシンプルライフを始めたら、むしろお金は最低限でいいな~なんて思うようになり、お金よりも自由な時間が欲しいな~と思うようになりました。

すると日頃の楽しみ方にも変化が出てきて、近所のカフェでのんびり本を読んだり、韓国語を勉強したり、ブログを書いたりする方が幸福感が高くなり、生活の些細なことを心から面白い!と思えるようになりました。

韓国でプチノマドをしていたときを思い出しても、買い物とか観光なんてほとんどしていなかったし、毎日大好きなカフェに入り浸ったり、本屋でひたすら立ち読みしたり、自炊を楽しんだり、公園で運動したりして、お金を使わずに毎日楽しんでいました。

不思議とお金を使っていたときよりも幸福感が高いんですよね。

f:id:schhms:20171103221430j:plain

たまには日常の小さな幸せを味わってみましょう

でも、世の中にはいろんなタイプの人がいるので、そんな刺激のない毎日は嫌だ!お金をどんどん使いたい!という人もいます。

私はそういう人達を否定したりする気持ちはありません。

が、たまには日常の些細な部分にフォーカスしてみるのもいいと思います。

だって、毎日の何気ない生活って一生続くものだし人生の基盤のようなもの。

掃除とか料理とか、特別感のない生活そのものを心から楽しめる方が得じゃないかなあ、と。

資本主義社会では、どんどん消費!どんどん生産!が正義のように語られていますが、もちろんそのしわ寄せがいろんなところに行っている訳で…。

ひとりひとりが日々の楽しみ方を少し考えるだけでも、今の社会のお金至上主義なところとか、効率至上主義なところとかが少しはゆるむんじゃないかなと思います。

 

★★★

ということで、今回はシンプルライフを実践してみて思ったことを書きました。

これからもミニマルな生活を続けて、自由な人生を手に入れたいなあと思います。

同じような志を持っておられる方、共にゆったりとした人生を謳歌しましょうね!

 

関連記事

【スポンサーリンク】