Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

いま韓国で小確幸(소확행)がトレンドとなっていることについて思うこと。

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

最近韓国のサイトをネットサーフィンしていたとき、興味深い記事を発見。(韓国語が分かる人はぜひ読んでみてください)

m.post.naver.com

こちらは韓国の今年のトレンドに関する記事で、最近は大きな幸せよりも小さく確実な幸せ(韓国語で소확행)を大切にする人が増えてきているとの内容でした。

韓国といえば競争社会、受験戦争といったイメージが強いですが、そういった文化(?)も近年、若い世代を中心に少しずつ変わってきているそうなんです。

今回はそのことについて思うことを書いていきます。

YOLO→小確幸

以前この記事にも書いたように、2017年は「YOLO」という考えが韓国でトレンドでした。YOLOとは簡単にいうと、「一度きりの人生、未来にだけ楽しみを置いておくのではなく、今この瞬間を最大限楽しもう!」という考えです。
www.koguma31.net

YOLOは世界中の若者の間でスタンダードとなってきている考え方ですが、韓国では数年前まで、日本の高度経済成長期のような考え方が一般的でした。(今もですが)

でもここ数年でいろいろな考え方が取り入れられるようになってきて、やっと韓国も世界のスタンダードに追いついてきたのかなーなんて思っています。

そして2018年、YOLOの次にトレンドとなっているのが小確幸(소확행)です。

ざっくり言うと「小さいけど確実な幸せ」をもっと大事にしましょう!っていう考え。

例えば

  • 休日、気の置けない友人とコーヒータイムを楽しむ幸せ
  • 空いた時間、お気に入りのカフェで自分の時間を持つ幸せ
  • ふかふかのベッドで昼寝をする幸せ
  • 焼き立てのパンを食べる幸せ

などなど、日常に溢れていることを指すんだとか。

「いつか世界一周をするぞ!」「豪邸に住むぞ!」みたいに、だれが見ても分かるような大きい成功ではなく、小さいけど個人が確実に幸せを感じられることに重点が置かれた考えのようです。

傍から見れば何でもないことでも、その人にとっては100%幸せを実感できる瞬間。

他の人の価値観ではなく自分で決める幸せの形。

これって、ミニマリズムの「足るを知る」「身丈に合った生活」みたいなのとも被るところがあるのかも。 

【スポンサーリンク】

 

理想の生活像の変化

近年まで韓国では、名門大学に入って大企業に入って、結婚する。そして、ソウル市内の高層マンションに住んで、最新家具やブランド品をどんどん購入して、毎年海外旅行にも行く。…みたいな生活が万人の理想でした。

実際、私の韓国人の友人も数年前までは「大きな成功」「他人に憧れられるような生活」が理想だと言っていました。

私が「お金はそんなに稼げなくてもいいから、とにかくストレスの無い自由な生活がしたい」なんて言おうものなら、ありえないみたいな目で見られたものです(笑)

もちろん現在も多くの韓国人がこういった生活を目指しているのですが、長引く不況や就職難などが原因で、こういった「理想の生活」を実現できる人が一握りになってきました。

結果、若い世代を中心に「こんなのやってられない」という声がたくさん上がり、YOLO小確幸といった考えを持つ人が急増したんだと思います。

これって日本にも共通することですよね。

「最近の若者は欲がない」「一軒家もマイカーも正社員も家族も諦めている」なんて言われて久しいですが、そうならざるを得ない背景があるというか、当然の流れというか…。 

大きな幸せ→小さな幸せ

私は現在20代前半なので若者の枠に入るのですが、生まれてこのかた、将来へ大きな希望を持ったり、自国に大きな期待を寄せたりしたことが一度もありません。

教育、メディア、本から得る情報に、何度も小さな失望を繰り返してきたからかもしれません。

だから上の世代の人に「努力して耐えぬけば経済は成長する!」「もっと大きな目標を持て!」とか言われても正直ピンとこないし、心に何も響かないんですよね。

大きな成功よりも日常の中の小さな幸せを見つける方が、よっぽど生活と密着していますし、自分の価値観に正直でいられる気がします。

人それぞれ価値観が違うので、それが正しい正しくないというのは置いておきます。

ただ、幸せの形が多様化している中でみんながもっと人の価値観を柔軟に受け入れられたらいいのになって思います。

傍から見れば、仕事もあまりせず毎日ふらふらしている人であっても、欲が無くて特に目標もない人であっても、あれこれ指摘せずそっと見守ってあげられるような余裕が全ての人に必要なんじゃないかな、と。

その人は十分幸せなのに、周りからいろいろ指摘されることで逆に不幸になっちゃうかもしれません。

自分の幸せの基準だけで人の人生まで採点しちゃいけませんよーっと思います。

 

自分の小確幸を探してみましょう

皆さんも時間があれば自分の「小確幸」を紙に書いてみて下さい。

他人が決めた価値観は抜きにして、自分が心から幸せー!っと思える瞬間を探すんです。

そしてそれを丁寧に味わい大事にしてください。

自分の小確幸を把握しておくと、ストレスとか不安に苛まれそうになったときに役立ちます。

とてつもなく忙しかったり、悩みごとがあったりすると、ついつい大きなもの(高い報酬や社会的地位など)に目が行ってしまいますが、結局今を大切にできないと将来も良くなりませんからね。

 

私も小確幸をいくつか書き出してみたので、最後に紹介しておきます。では!

  • 昼食後にコーヒーを淹れるとき
  • 好きな色の文具を並べ、それをながめるとき
  • 他の人のブログを読むとき
  • 韓国語を勉強しているとき
  • 韓国で行きたいカフェを考えているとき
  • ブログのコメントをもらえたとき
  • 朝に美味しいパンを食べるとき
  • 秋がきたとき
  • ぬくぬくの布団で二度寝するとき
  • 本屋にいるとき
  • スンデクッパをたらふく食べるとき
  • 琴線にふれる本、映画、音楽に出会ったとき
  • 仲のよい友人とカフェにいるとき

www.koguma31.net

www.koguma31.net