Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

就職する前にしっかり考えておくべきことは?

こんにちは、そみです。桜の季節ですね!

気がつけば大学を卒業してもう2年も経過していました。2年前の今頃は、社会にポーンっと投げ出されて、半泣きになりながらも自分の進む道を模索していました。あのときは辛かった…(遠い目)

そして2年間必死で自分に合ったスタイルを追求した結果、今ではある程度心に余裕が出来てきたのですが、おそらく今大学を卒業した方の中には、私が経験したような心境の方も大勢おられるかと思います。

学生時代というものは見えない囲いに守られていて、何となく過ごすだけでも無難に事が済んだ訳です。

でも学生身分が終わるとそうはいかないし、一度社会の荒波に巻き込まれると、思考停止になったり頭が固くなったりしがち。

だからこそ、時間があって自由な身分である学生時代に、じっくり自分と向き合い、自分がどう生きていくのかを考えることが大切なんですよね。

今回は私の経験を元に「就職する前に考えておくべきこと」について書いてみたいと思います。

あ、ちなみに私は基本的に「最低限しか働きたくない」「自分のライフスタイルを一番に優先する」というスタンスなので、それが合わない方はあまり参考にならないかもしれません。 

 

働く=人生の全て?

まず「働く=人生の全て」ではないということを頭に入れておくのがいいかと思います。当たり前だけど、この原則を平気で無視してくる人がいるので、常に頭の片隅に置いておくほうがいいと思います。

まず人はなぜ働くのかというと「収入が必要だから」これに尽きると思います。

これがベースなのに、その上から「やりがい」やら「社会的地位」やらいろんな要素を混ぜこむから、働くことが人生全てのように思えてしまうんですよね。

雇う側にとって都合がいいからこういう価値観が広まっているんですが、冷静になって中身を見てみると幻に近いものもあるので要注意です。

例えば、えらそうな上司は人間としてえらいかのように振る舞うけれども、単にその組織、そのルールの中で「人に指示を出す立場」にいるだけであって、その人自体がえらいのでもなんでもないです。仕事の中のルールと人生を混同して、仕事の立場=自分の価値と思うのは少し違うかなと。

だからそういう人がいてもあまり気にせず、働くのは人生の一部に過ぎない、自分が豊かに幸せに生きるためのツールに過ぎないんだこういうスタンスでいるのが、就職という波に飲み込まれないポイント。

 

自分の理想的なライフスタイルは?

働くのは人生の一部だって思えるようになるには、理想的なライフスタイルを考えておくことが大前提でして。

就職前にどんな仕事をするかを考えるのも大切なんですが、これからどんなライフスタイルにしたいのかを考えるのも同じくらい大切。

私は「理想的なライフスタイルを考える→それが実現できそうな仕事を考える」の順番でもいいんじゃないかなーと思っているくらいです。

これができないとどうしても仕事に生活を支配されてしまって、おかしくなってしまいます。

私の場合「自分でスケジュールを決められる生活がしたい」「気軽に暮らす場所を変えられる生活がしたい」「飲み会とか嫌」っていうのがベースになって、今の複業フリーランスというスタイルになりました。

もちろん仕事の先に理想的なライフスタイルがあるのなら、仕事優先の人生設計でもいいと思いますが、そういう人は少数派だと思うので、ほとんどの人はライフスタイルをベースに働き方を考える方が幸せになれるんじゃないかと思います。

【スポンサーリンク】

 

自分にとってどうなることが成功?

一般的な価値観で「成功」というと「憧れられる職に就く」「やりがいがある職に就く」「贅沢な生活をする」みたいな感じですよね。

もちろんこれも一つの価値観としてOKだと思うのですが、全ての人がここを目指す必要はないです。人によって何に対して価値を感じるのかは違うので、あんまり周りの価値に振り回される必要はないと思います。

漠然と「成功したい」って思う前に「自分にとってどうなることが成功なのか」を具体的に考える方がよっぽど自分のためになります。

例えば私なんかは「好きなことをとことん追求できる自由」こそが人生の成功だと思っているので、それをベースに働き方を決めました。(まだ実現するにはほど遠いですが)

自分にとっての成功って何だろう?って真剣に考えると、おのずと進むべき道が見えてくると思いますし、それを頭に入れておくと就職した後でも周りの価値観に振り回されずに済むと思います。

 

★★

就職する前に覚えておかなければならないのは「仕事=自分の価値」ではないということ。私も仕事をし始める前は、仕事というものがたまらなく怖くて、選択に失敗すると自分の人生も終わりだなんて思っていました。

でも2年ほどやってみて思ったのが「仕事はあくまでも幸せになるための手段であって目的じゃないな」ということ。

企業の求める人物に合わせていく自己分析に時間をかけるくらいなら、自分本位に仕事というものを考える時間を設けた方がよっぽどいいと思います。ではっ。

 

【スポンサーリンク】