Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

韓国のおこわ、ヤッパプ(薬飯)の簡単な作り方を紹介します!

       【スポンサーリンク】

こんにちは、そみです。

皆さんは약밥(ヤッパプ・薬飯)をご存知ですか?

ヤッパプとは秋夕や旧正月のときなど、韓国の特別な日に食べられるおこわのことです。

ごま油と醤油で味付けしたもち米の中に、ナツメやクルミ、松の実などが入っており、”薬飯”という名前の通り、栄養価が非常に高いおやつです。

私は韓国の友人に作ってもらったことがきっかけでハマったんですが、試しに家で作ってみたところ割と簡単にできました。

今回は韓国のおこわ、약밥(ヤッパプ)の簡単な作り方を共有したいと思います。

f:id:schhms:20180425162455j:plain

 【スポンサーリンク】

 

 

【材料】2~3人前基準

  • もち米   2合
  • 醤油大さじ 1.5
  • ごま油大さじ1.5
  • てんさい糖 40g
  • クコの実  少々
  • 松の実   少々
  • なつめ   少々
  • くるみ   少々

※もち米は水を吸収するのに時間がかかるので、最低でも3時間程度は水に浸けておきます。(私の場合はいつも一晩浸けています)

※調味料(醤油、てんさい糖、ごま油)の量はお好みに合わせて調節してください。(上記の量ですと、ちょっと薄めの優しい味になります。)

※クコの実、松の実、なつめ、くるみは、全て揃わなくても構いません。手に入らない場合は、甘栗やレーズンなどでも代用可能です。(私はなつめの代わりによくレーズンを使用します。)

 

ということで、材料が準備できたら早速作っていきましょう。

まず炊飯器にもち米(2合)と水(2合分)を入れます。

f:id:schhms:20180425162513j:plain

 

そして、醤油(大さじ1.5)を入れます。

f:id:schhms:20180425162520j:plain

 

ごま油(大さじ1.5)も入れて、よくかき混ぜます。

f:id:schhms:20180425162527j:plain

 

そしててんさい糖(40g)も入れ、ここでも一旦スプーンでよくかき混ぜます。

f:id:schhms:20180425162603j:plain

 

そしてくるみ、松の実、クコの実、なつめ(この時はレーズンで代用しました)の具材を入れます。

f:id:schhms:20180425162553j:plain

f:id:schhms:20180425162613j:plain

 

全ての具材が入ったら、もう一度よくかき混ぜ

f:id:schhms:20180425162618j:plain

 

あとは普通炊き(40分~1時間程度)で炊くだけ!簡単!

f:id:schhms:20180425162642j:plain

 

炊きあがったらしっかりしゃもじで混ぜ、熱を飛ばします。この段階で味見をして、少し薄かったら醤油を足してもOK。また、この段階でごま油を少し足すと、香りがより深まります。

f:id:schhms:20180425162703j:plain

 

粗熱がとれたら、クコの実と松の実をもう一度トッピングして完成。

保存する場合はタッパーに入れるか、ラップなどで小分けに包むかして、冷蔵庫で保存しましょう。2日ほどもちます。

f:id:schhms:20180425162722j:plain

 

★★

ということで、今回は韓国のおこわ、ヤッパプ(薬飯)の簡単な作り方を紹介しました。香ばしいごま油の香りと、てんさい糖やなつめの優しい甘さがたまらなく美味しいですよ~。

是非皆さんも作ってみて下さいね!

www.koguma31.net

【スポンサーリンク】