Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

現代社会の働き方・暮らし方に悩む方へ、書籍『次の時代を、先に生きる』をおすすめしたい。

こんにちは、ゆるく生きるがモットーのそみです。

日頃からゆるゆるした生き方を学べる本を好んで読んでいるのですが、最近読んだ『次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -』という本が、かなり良書でした。

著者の高坂勝さんは、一人でOrganic Barを営んでおられる方で、半農半やナリワイ、地方への移住などをテーマに活動しておられる方です。

現代社会の成長至上主義的な働き方や暮らし方に息苦しさを感じている人に、生き方を変える具体的なヒントを与えてくれる1冊だったので、印象的だった内容を紹介していきたいと思います。

f:id:schhms:20180517110108j:plain

 

成長という強迫観念を破る

「もっと」を追いかけている限り、「もう充分」にたどり着けない。お金を追いかけるほど、時間と心を擦り減らしてしまい、劣等感が大きくなる。時間と健全な心身があれば、実はお金はほどほどでも、自分の欲することは習得できるし、行きたいところは行けるし、幸せと安心は得られる。

引用元:高橋勝『次の時代を、先に生きる。』

「もっと金を稼げ!もっと贅沢な暮らしを!プライドと名誉を守れ!」って正直疲れますよね。

それが誰しも可能だった時代はよかったのですが、今は違います。明らかに無理をしていて、社会全体が悲鳴を上げている状態。

でも自分を本当の意味で満たしてくれるものって、意外とお金がかからないし、むしろ充分な時間を確保するほうが大事だったりします。

なので「幸せと安心はお金で買えるんだ。成長しなければならないんだ。」という考えをいち早く改め、充分な時間を捻出する方がよっぽど豊かな生活につながると思います。

ちなみに私はまだ20代前半ですが、自分が本当に望むものや本当にお金と時間を投資したいものが大体わかってきているので、それ以外の流行とか見栄とかはバッサリ切り捨てています。

時間は有限。自分にとって本当に価値のあるものだけに全力投球。

 

ひとりひとりが強迫観念から自由になれて、初めて豊かな社会だといえますよね。

暮らしをとらえ直す

暮らしを捉え直そう。時代の先を生きてしまおう。変革の先を生きよう。モノを減らし、手料理し、少々でも自給し、暮らしの場所を変え、安価な一軒家に住まい、空間を有効に使い、低収入でも大丈夫な暮らし。これこそが懐かしくて新しい時代の先のRe Lifeだ。

引用元:高橋勝『次の時代を、先に生きる。』

働き方を変えようと思ったらまず必要になってくるのが、普段の暮らしを捉え直すプロセス。

これが無くなったら生きていけないー!みたいなものって意外と少なくて、ちょっと不便になることはあっても、大抵のモノは絶対必要なのだと思わされているだけだったりしますよね。

私も最近、お菓子を手作りしたり常備おかずを作ったり、モノを極力減らしたりして、できることから始めているのですがこれが結構楽しくて、便利さを手放した先には意外な結果が待っていました。

例えば最近テレビを捨てパソコンにシフト、いろんな種類の洗剤を捨てて重曹にシフトしたのですが、不便になるどころかむしろ生活がスムーズになったんです。

ちょっとのクリエイティブささえあれば、お金以外の解決方法はいくらでもあるんだなーと強く思う今日この頃。

お金の呪縛から少しでも解放されたかったら、まずは暮らしを見つめ直すことが第一歩ですね。

 

選択肢が豊富な社会へ

人口が確実に減ってゆく中で、マクロとして経済は小さくなってゆくが、それぞれの人の生き方は、その折々で、上を目指しても下を目指しても、都会を目指しても田舎を目指しても、選択は自由だ。

選択肢が沢山ある世の中こそ、自由であり、豊かであり、個性が認め合える世の中だと思う。

引用元:高橋勝『次の時代を、先に生きる。』

筆者は最終的に目指すべき社会として「選択肢がたくさんある世の中」だと言っています。

私も同じ考えで、全ての人が成長至上主義の中で生き残り競争をし、お金に振り回される人生を送る必要はないと思います。

もちろん競争が好きな人はガンガン稼げばいいし、向いてない人はそこから降りて低コストライフを目指してもいい。

要は自分の心に正直になり、身の丈に合ったスタイルを選択するのが大事だということですね。

どういうライフスタイル、ワークスタイルにしろ、物事を捉え直しクリエイトしようとする姿勢こそが「次の時代を先に生きる」ということだと思います。

 

 

★★

ということで、今回は書籍『次の時代を、先に生きる』の紹介でした。

・競争社会や成長至上主義社会に疲れた人

・ミニマルな生活がしたい人

・半農半やナリワイに興味がある人

是非読んでみて下さいね。

次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -

新品価格
¥1,404から
(2018/5/17 10:49時点)