Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

ミニマリストブロガーしぶさんの著書『手ぶらで生きる』は自由へのヒント満載の1冊でした

こんにちは、そみです。

日頃から、好きなものだけにフォーカスした生活を送っていることもあって、頻繁にミニマリストの方のブログや本を読むのですが、最近読んだ『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』は、ミニマリストの考え方をギュッと濃縮したような1冊でした。

こちらはミニマリストブロガーのしぶさんという方がお書きになった本で、自身のミニマル生活のノウハウや思考法を具体的に紹介されています。

人気ブロガーさんだけあって非常に読みやすく威圧感ゼロの文章で、読んでいて心地の良い本でした。

f:id:schhms:20180528153512j:plain

ということで今回はこの本の中で印象に残った言葉と、それについて思ったことを書いていきたいと思います。

消費から生産へ

消費活動=お金を払って「与えられる」側になること

生産活動=自分で生み出して「与える」側になること

お金を払い続けて物の奴隷になるか、人生を自分でコントロール

するか。あなたの選択次第で決まる。

引用:『手ぶらで生きる』より

閉塞感のある社会の中で、DIYや自給自足などの生産活動に走る人と、買い物などによる短期的なストレス発散に走る人。

今まさに生産活動をする人と消費活動をする人の二極化が進んでいるなーと思います。

もちろん今の現状に満足している人なら問題ないのですが、「なぜか満たされない」「物を買っても一瞬だけしか嬉しくない」という自覚がある人は、「物の消費」によって虚無感を埋めようとするのを一度やめてみるのもいいかもしれません。

DIYや自給自足などといった本格的な活動でなくてもいいので、ブログで考えを発信しってみたり、自分の手で何かを作ってみたり、能動的に自分をコントロールする経験をしてみると、おそらく受け身のときには感じられなかった充足感が味わえると思います。

実際私も以前は買い物好きだったのですが、最近は黙々と文を書いたり、料理を作ったりしている方が楽しくなってきました。

本当に20代前半の女子か?と疑われるほど最近は買い物をほぼしないので、周りからは質素に見えるのかもしれませんが、何も考えずに消費していた昔より今の方が断然幸福感があります。

本当に必要なものだけを残す

本当に大切な1%のために、99%をそぎ落とす

ミニマリストの目的は「物を減らすことで迷いをなくし、大切なものに集中する」こと。

引用:『手ぶらで生きる』より

「物を減らすことで迷いをなくし、大切なものに集中する」

これはミニマリストの方が共通して仰ることですね。

物を減らすのは迷いをなくすための手段であって、目的は”大切なものや大好きなものに没頭できる環境を作ること。”

”捨てる”よりは”そぎ落とす”の方が感覚的にしっくりきますね。

物に限らず情報や人間関係においても、立ち止まって取捨選択することこそが幸せな生き方への効果的なアプローチなのだと思います。

一点豪華主義

僕の基本方針は「一点豪華主義(All-or-Nothing)」。必要な物には惜しみなくお金を使う、必要じゃない物にはいっさいお金を出さない。

引用:『手ぶらで生きる』より

世間的に「ミニマリスト=極端に物が少ないちょっとケチな人」というイメージがありますが、実はそうじゃないんですよね。

「みんなが持っているから」とか「持つのが普通だから」といった基準で選択していないだけで、本当に自分に必要なものをしっかり見極めた結果が、あの量なんだと思います。

ちなみに私はミニマリストと呼べるほどではありませんが「自由に縛られない生き方をする」「いつでも旅行できる身軽さをキープする」という目的のために、日頃から不必要なものはバッサリ切り捨てるようにしています。

周りからは「フリーランスで収入も安定しないだろうに、よくそんなに頻繁に旅行行けるね」って言われるんですが、日頃、見栄や流行にお金を使っていないからこそ、大好きな旅行に一点集中できるのだと思います。

それでもまだ気を抜くと、大して欲してもない物や不必要な情報に翻弄されてしまうので、まだまだ修行が必要なのですが…。

 

 ★★★

ということで今回は、ミニマリストブロガーしぶさんの著書『手ぶらで生きる』のレビューでした。

非常に読みやすい本なので、すでにミニマルな生活をしておられる方はもちろんのこと、今まであまり興味のなかった方でもサラサラっと読めるかと思います。

またこの本は単なるノウハウ伝授に留まっていないので、自分の人生を見つめ直すきっかけとなってくれる1冊だと思います。

是非読んでみて下さいね。ではっ

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

新品価格
¥1,296から
(2018/5/28 15:36時点)

【スポンサーリンク】