Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

【韓国カフェ】京義線スッキル(森の道)にある、비로소 커피(BIROSOO COFFEE)に行ってみた

スポンサーリンク

こんにちは、そみです。

今回は 京義線スッキル(森の道)にあるカフェ、비로소 커피(BIROSOO COFFEE)に行ってみたので、レビューをしていきたいと思います。

 

비로소 커피(BIROSOO COFFEE)

京義線スッキル(森の道)・大興駅( テフン駅 대흥역)の近くに位置しているこちらの비로소 커피(BIROSOO COFFEE)は、店で丁寧に焙煎したコーヒーが味わえる本格コーヒーショップとして、いまコーヒー好きのソウルっ子の間で話題となっているカフェです。

今回Airbnbの宿泊先がこのカフェの近くだったので、モーニングコーヒーを飲みに行ってみました。

f:id:schhms:20180729220453j:plain

 

店に入るとすぐ左に注文カウンターがあり、その奥にはコーヒーを焙煎する機械がずらり。

白で統一されたシンプルなカウンターが素敵でした。

f:id:schhms:20180729220507j:plain

 

メニューはこちら。コーヒー豆にこだわっているカフェなだけあり、コーヒーの種類が豊富でした。

f:id:schhms:20180729220523j:plain

コーヒーの他にもクリームチョコレートやラズベリーラテなどの甘いドリンク、カモマイルなどのお茶メニューもそろっていました。

価格は4000ウォン~6000ウォン台と、ソウルカフェの中では平均的な価格。

ESPRESSOとFILTERメニューに限り、テイクアウトで1000ウォン引きになるそうです。

 

注文カウンターの隣にはパウンドケーキやコーヒー豆なども販売されていました。

f:id:schhms:20180729220538j:plain

 

この日わたしはアイスカフェラテを注文。注文時に2種類の豆から好きなものを選択できたので、酸味の少ない豆をチョイス!(名前は忘れてしまいました…)

f:id:schhms:20180729220546j:plain

 

注文を済ませて2階席へ。

f:id:schhms:20180729220611j:plain

 

2階席へ上がる階段がお洒落で思わずパシャリ。

f:id:schhms:20180729220617j:plain

 

こちらが2階席です。真ん中に大きな観葉植物がどーんと置いてあり、その周りに席がありました。

f:id:schhms:20180729220628j:plain

まず目に飛び込んできたのが、3つの大きな窓。

照明は控えめなのですが、大きな窓から光が入ってくることで部屋全体が自然な明るさに保たれていました。

そして天井も高めで、スペースも広かったので、開放感がありました。

f:id:schhms:20180729220644j:plain

 

カウンター席の窓からは、京義線スッキル(森の道)が見え、勉強や読書の合間にぼーっとするのにぴったりだないう印象。

f:id:schhms:20180729220658j:plain

 

インテリアも非常にシンプルで、全体的にすっきりとしたデザインのものが置かれていました。

店内の色合いが茶色、白、緑色に統一されているのもよかったです。

f:id:schhms:20180729220701j:plain

 

そしてこちらが注文したアイスカフェラテ。

酸味の少ない、わたし好みのお味でした。ミルクとコーヒーのバランスもよく、適度な苦みがたまらなく美味しかったです。

f:id:schhms:20180729220718j:plain

 

この日は、美味しいアイスカフェラテを片手に、今回の旅で購入したエッセイ本を読んだり、旅の計画を立てたりしながら1時間ほどのんびりしました。

終始静かな雰囲気で席数も多かったので、読書や勉強にも最適なカフェだなーという印象。

もちろんWi-Fiも完備されていたので、旅の休憩にもおすすめです。

f:id:schhms:20180729220731j:plain

 

★★★

ということで今回は、비로소 커피(BIROSOO COFFEE)のレビューでした!

 新村や弘大といった繫華街からは少し離れたエリアにあるので、静かな雰囲気がお好きな方におすすめしたいカフェです。

是非行ってみてくださいね。

 

営業時間:月曜日ー日曜日 : 10am-10pm 

Instagram:@birosocoffee

※2018年7月13日時点の情報です。

 

韓国旅行 関連記事▼

スポンサーリンク