Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

韓国に行かれる方、必読!路上での宗教勧誘を見分ける方法や対策を紹介します。

 

 皆さん こんにちはー!そみ(@somi_koguma) です。

 

今回は韓国の路上で多発している宗教勧誘を見分ける方法、そしてそれを回避する方法などを書いていきたいと思います。

日本ではあまり身近ではない路上での宗教勧誘ですが、韓国(特にソウル)の町を歩いていると、かなりの頻度で遭遇します。

 

私はおそらく軽く20回以上は勧誘された経験があるので(勧誘されすぎ(笑))もう慣れましたが、初めて韓国に行く方や宗教勧誘があることを知らない方は、ついていってしまったり、貴重な旅行・留学の時間を奪われてしまう可能性があります

 

もちろん宗教勧誘をする人の全てが悪意を持って接近してくる訳ではありません。

しかし中にはお金を取ろうとしてくるケースもあったので、基本的にそういったことに興味がないなら勇気をもって断ったほうがいいと思います。

 

では早速、私が経験したケースを元に、宗教勧誘を見分ける方法回避方法を書いていきたいと思います。

 

f:id:schhms:20190126110604p:plain

スポンサーリンク

 

 

いろいろなタイプの勧誘方法を知っておきましょう

 

先ほどお話したように、わたしは今まで20回以上も韓国の路上で勧誘されたことがあるのですが、何回も遭遇していると勧誘方法にもいくつかタイプがあることが分かってきました。

 

① 聖書片手に寄ってくる

 

1つ目は、聖書を片手に寄ってくるタイプ。

わたしが経験したケースだと、信号待ちをしているときや、地図を見て道を探しているとき、よくこういったタイプの方法で接近されました。

何の前置きもなくいきなり「イエス様を信じていますか?」「宗教は何ですか?」と聞いてくることが多く、こういった場合は明らかに宗教勧誘だと分かるので回避しやすいです。

 

② 道を尋ねてきてその流れで勧誘

 

ちょっと厄介なのが、道を尋ねてきて、その流れで勧誘してくるタイプ

「ソウルは初めてで道が分からないんです」「○○はどこですか。」などと初めは道を尋ねてきます。

パッと見た感じはただ道に迷って困っている人なので、この時点ではまさか宗教勧誘が目的だとは思っていません。

しかし教えて立ち去ろうとしたとき、「どこの国の人ですか?」「旅行ですか?留学ですか?」「今からパーティーがあるので来ませんか?」などと、関係のない話をしてきます。

この時点でほぼ90%勧誘だと思って間違いありません。

 

相手の親切心を利用して、勧誘のきっかけを作る手法には、毎回不快な気持ちにさせられます。

 

③韓国の文化体験をしないかと誘ってくる 

 

3つ目は、韓国の文化体験をしないかと誘ってくるタイプ。

接近方法はさっきと同じで、まず道を尋ねてきます。

そしてその後、関係のない話をし、最後に「韓国の文化体験をやっているんだけど参加しない?」と言ってきます。

わたしが経験したケースだと、「毎週、韓国の文化体験を無料でやっている。サークルみたいなもので、外国人留学生もたくさんいる。韓服を着たり、みんなでサムギョプサルパーティーをしたりしている。」といったものでした。

勧誘してきた女性もフレンドリーでパッと見た感じ優しそうだったので、一瞬迷ったのですが、「ここは外国だ。知らない人についていくのは危ないな。」と思いとりあえず考えておくとだけ答え、その場を去りました。

 

その後、韓国の友人から聞いた話で、それが宗教勧誘の手法のひとつだということを知り、ついていかなくてよかった~と思いました。

被害にあった女性の話によると、無料で韓服を着た後、宗教関連の話を長々とされ、最後は寄付金をだしてくれないかという話をされたそうです。

 

ゾッとしますね。観光客の方や留学生は十分注意してください…!

 

宗教勧誘してくる人の特徴

 

ここまで勧誘方法なタイプを紹介してきましたが、何回も勧誘されていると、勧誘してくる人の特徴にもパターンが見えてきました。(ここまでくると専門家みたいですが)

私の経験上、

  • こぎれいな服を着た年配女性
  • 若い男女の組み合わせ
  • 若い女性と年配女性の組み合わせ

が多い印象です。

おそらく他にもいろいろな特徴があると思いますが、参考程度に覚えておくといいと思います。

 

効果的な回避方法は? 

 

じゃあどうやって回避したらいいのかなんですが、まずは疑ってかかること、そして知らない人にはついていかないこと興味がないときは断固とした態度で断ることが大切です。

とはいっても、断固とした態度で断るのはちょっと勇気がいること。

でも曖昧な返事をしてしまうとなかなか離してもらえないので、わたしはいつもとにかく逃げることを考えます(笑)

 

①外国語がわからないふりをする

 

1つ目は外国語が全くわからないふりをする方法。

あ、これは勧誘だなと思ったら、相手が韓国語や英語で話しかけてきても言葉に一切反応せず「え?」みたいな顔をするといいです。

稀に韓国語も日本語も英語も中国語も話せる強者がいますが、基本的に「あなたの話していること全くわかりません」みたいな態度をとると、相手は諦めます。

相手の話に反応したり返事したりすると、むこうは「よっしゃー!」と思ってず~っと話をしてくるので、最初の段階でわからないふりをしておくことが大切です。

 

②友達が待っているから急いでいると言う

 

道を尋ねられてすでに相手と会話してしまった場合は、道だけ教えてすぐに立ち去ることが大切です。

私はいつも「友達が待っているから急いでいる。」といったことを言います。

ひるまない相手は「5分だけでも話を聞いてくれないか」と言ってきますが「すみません~」といって、その場を立ち去るのがポイントです。

一度5分を許してしまうと、それが10分になり20分になり、最後は連絡先を聞かれてしまいます。

断るのが苦手な人は早い段階で立ち去りましょう。

 

③無視する or 早足で逃げる

 

最後は無視する・早足で逃げる方法です。

ま、これが確実な回避方法なんですが、道を尋ねてきた人を無視するのは良心が傷むので私はあまりしません。

 

しかし、韓国で道を尋ねてくる人は基本的に年配の方、お年寄りの方がほとんどです。

若者はスマホを持っていますから、よっぽどのことがない限り人に道を尋ねないんですよね。

”キャリーケースを持った1人の若者が、スマホの地図を見ながら迷っている”、みたいなシチュエーションであれば、地方から出てきて本当に困っているんだろうなーと判断できますが、特に迷っている様子でもない若い男女が道を尋ねてきた場合は、かなりの確率で勧誘です。

だから早足で逃げたり、無視しても大丈夫だと思います。

 

★★★

ということで今回は、路上での宗教勧誘を見分ける方法や対策を紹介してきました。

私の経験を元に書いたものなので、これが全てという訳ではありませんが、頭の隅に入れておくだけでも上手く回避できると思います。

韓国は日本並みに治安の良い国ですが、そうはいっても外国です。

日本ではあまりないようなことに遭遇することも多々あるので、自分の身は自分で守る!違和感を感じたらすぐ逃げる!ということが鉄則です。

 

皆さんの韓国旅行、韓国留学が楽しいものになることを願っています。

ではっ!

 

韓国 関連記事▼


スポンサーリンク