Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

【韓国語】覚えづらい韓国語の擬態語・擬音語(オノマトペ)効果的な勉強法&おすすめの教材を紹介します。

 

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です!

 

突然ですが皆さんは、韓国語の擬態語・擬音語(オノマトペ)の勉強をどのようになさっていますか?

 

つい最近、【韓国語】小説・エッセイで韓国語を勉強することのメリットは? という記事にも書いたのですが、韓国語は世界一オノマトペが多い言語だと言われていて、とにかく数が膨大。

しかも無理にオノマトペを使わなくても会話は成り立つため、ついつい覚えるのを後回しにしてしまう分野でもあります…。

 

わたしにとっても、オノマトペはなかなか覚えられない韓国語のひとつでして、TOPIKの高級を受験した際に代表的なものだけ丸覚えてしまい、あとは放置していました(笑)

代表的な、두근두근(ドキドキ) 깜박깜박(チカチカ)などは、なんとなく音と意味がつながって、スッと覚えられるのですが、”옹기종이(集まっている様子を表す)”とか、아등바등(ばたばた、こつこつ)とかになってくると、頭が混乱しはじめます(笑)

 

 

しかし最近、韓国文学・エッセイを読むことにはまったことがきっかけで、オノマトペの必要性を感じまして…。

時間があるときにコツコツ勉強するようにしています。

 

勉強しているうちに、オノマトペを覚えるのに適した勉強法を見つけたので、 今回は私が最近実践している韓国語のオノマトペ勉強法と、使ってみてよかったおすすめ教材を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

K-POPで覚える

 

ひとつ目は、K-POPを利用した勉強法です。

皆さんもご存じの通り、K-POPの歌詞にはオノマトペがたくさん出てきますよね。

두근두근(トゥグントゥグン) 반짝반짝(パンチャッパンチャッ) 짜릿짜릿(チャリッチャリッ) などなど、頻繁に出てくるものは「K-POPは好きだけど韓国語はわからない!」という人でも、知っていると思います。

 

K-POPでオノマトペを勉強することの最大の利点は、無理なく自然に覚えられるということ。

好きな音楽で、リズムに合わせて楽しく覚えられるので、教材で勉強するときのように無理に頭に詰め込む必要がありません。

 

Youtubeなどで「K-POP 歌詞」と検索すると、いくらでも歌詞と日本語訳が出てきます。

今すぐにでも始められるオノマトペ勉強法だと思うので、是非試してみてくださいね。

 

絵本や漫画で覚える

 

韓国の絵本漫画もオノマトペの宝庫なので、勉強に取り入れない手はありません。

単語帳とにらめっこしてひたすら意味だけを覚えるよりも、イラストやストーリーの流れで覚えたほうが圧倒的に記憶に残りやすいです。

f:id:schhms:20190411153609j:plain

韓国の絵本や漫画は、K-PLAZA.com のような韓国書籍専門のお店で購入できますし、図書館に行けば、外国語書籍コーナーに韓国語の絵本がおいてあったりします。

買うのはちょっと…という方は、一度近くの県立図書館に行って探してみるのもいいかもしれません。

 

わたしの場合、現地の本屋で絵本や漫画を購入して勉強したり、NAVERのウェブ漫画で勉強したりしています。

NAVERのウェブ漫画はどれも無料で読めて、面白いものもたくさん揃っているので、韓国語学習者にはありがたいです。

 

ちなみに私のおすすめウェブ漫画はこちらの『大学日記』という漫画 ↓

興味のある方はこちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

小説・エッセイで覚える

 

韓国小説エッセイにもオノマトペがたくさん登場するので、学習に取り入れると効果的です。

以下の記事にも書いたように、小説・エッセイは韓国語を学ぶのに最高の教材です。

特に小説では、登場人物の心情や表情、自然の情景などを、よりリアルに描写するためにオノマトペがたくさん使われています。

「主人公はこういう心情なんだろうなー」「雨はこんな風に降っているんだろうなー」といったことを想像しながら読むので、ただ単に丸暗記するよりもオノマトペのイメージが掴みやすいです。

 

韓国の小説やエッセイが手元にない方は、以下の記事も是非ご参考くださいね。

  

韓国語のオノマトペ勉強におすすめの教材は?

 

上記の方法でも十分オノマトペが学べますが、プラスアルファとして日本語で解説が書いてある教材を使うと、より理解が深まります。

K-POP、絵本、漫画、小説などの中にわからないオノマトペが出てきたときでも、サッと調べられるので手元に1冊あると非常に役に立つと思います。

 

数年前までオノマトペに特化した教材はあまりなかったのですが、最近はイラスト付きの分かりやすい教材が増えてきている印象。

いろいろある教材の中から2つピックアップしてみました。

 

絵でわかる韓国語のオノマトペ 表現が広がる擬声語・擬音語

 

こちらの教材には、よく用いられるオノマトペ300個が収録されており、可愛らしいイラストとともに、違いがわかりにくいオノマトペのニュアンスがしっかり解説されています。

音声もダウンロードできるようになっているので、イラスト・音声で覚えにくいオノマトペを楽しく暗記できます。

 韓国語を楽しむための擬声語・擬音語400

 

そしてこちらは、数年前に一度使用したことがある教材でして(友人にあげたので、いま手元にありませんが…)、収録されているオノマトペの数、使いやすさともに非常満足のいく教材でした。

中の文字も大きく、レイアウトも綺麗に整理された印象だったので、オノマトペ初心者(?)の方におすすめしたいです。

 

とりあえずこの2冊のどちらかがあれば、普段よく見聞きするオノマトペはほぼ網羅できると思います。

興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

 

 

★★★

ということで今回は、覚えづらい韓国語の擬態語・擬音語(オノマトペ)効果的な勉強法&おすすめの教材を紹介してきました。

オノマトペは韓国語の試験でも後回しにされがちですが、知れば知るほど韓国語の魅力にハマり、面白くなってくるディープな分野でもあります。

皆さんも是非、今回紹介した方法を参考に勉強してみてくださいね!

ではっ。

 

スポンサーリンク