Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

【韓国旅行】コスパが良くて便利と噂のSIMカード(短期滞在向け)をソウルで使用してみたのでレビューします!

 

どうも、そみ(@somi_koguma) です!

 

今まで当ブログでは、【韓国旅行】韓国でスマホを使う方法をまとめてみた!【韓国旅行】韓国でスマホを使うならグローバルWi-Fiが便利!グローバルWi-Fiをお得に利用する方法をまとめてみました。などなど、韓国旅行の際にスマホを使う方法をいくつか紹介してきましたが、今回ソウルに滞在している際に、新しい方法を試したので早速紹介していきたいと思います。

 

今回ソウルを旅行したときに使用したのが、こちらの[Three] 韓国 4G-LTE(FDD) データ通信 使い放題 プリペイドSIMカード 6日間 PLUG TO GO[並行輸入品]という商品。

f:id:schhms:20190424150558j:image

こちらはAmazonで販売されているデーター通信専用(通話は不可)のSIMカード。

SIMフリースマホに挿すことで、6GBの高速通信を6日間、韓国で使用することができます。

 

Amazonを見ていると他にもいろいろなSIMカードが販売されていたのですが、この商品は価格が900円(2019.4月時点の価格です)とコスパがよく、他のSIMカードよりも良い口コミが多かったため、今回はこちらを購入してみることに。

 

結論から申し上げますと

    ・コスパ重視
    ・SIMフリー端末が手元にある
    ・ひとり旅
    ・韓国の電話番号が必要ない
    ・APNの設定を自分でできる

 といった方におすすめできる商品だなーといった印象でした。

 

では早速、[Three] 韓国 4G-LTE(FDD) データ通信 使い放題 プリペイドSIMカード 6日間 PLUG TO GO[並行輸入品]の使用方法や使用上の注意点、メリット・デメリットなどを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 内容物

 

こちらの商品には、SIMカード(3サイズに対応)日本語の説明書が入っていました。香港の商品ということで、全部中国語だったらどうしようかと思っていましたが、パッケージもすべて日本語になっていました。
f:id:schhms:20190424150555j:image

 

こちらがSIMカードです。「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」に対応しているので、いろいろな種類のスマホやタブレット、Wi-Fiルーターに使用することができます。(SIMカードは、一度使用するサイズに切り取ると戻せないので、端末のサイズをちゃんと確認した上で切り取りましょう)

f:id:schhms:20190424150601j:plain


そしてこちらが日本語の説明書です。
f:id:schhms:20190424150538j:image

 

この説明書にはAndroid端末とiPhone端末の設定方法、商品情報、注意事項などが丁寧に書かれていました。

外国製品にありがちな不自然な日本語ではなかったので、これを読んだ時点で信頼度が高まりました。
f:id:schhms:20190424150545j:image

 

SIMカードを使用するために必要なものは?

 

続いて、このSIMカードを使用するために必要だと思ったものを紹介していきます。

 

SIMフリー、もしくはロック解除された端末

 

このSIMカードを使用するためには、SIMカードの入れ替えが可能な端末が必要となってきます。

もし手元にない方は、SIMフリーの端末を購入するか、契約しているキャリアでSIMロック解除の手続きを行ってください。

最近は1万円~2万円出せば最新のSIMフリースマホが購入できるので、海外によく行かれる方は海外用に購入なさってもいいかもしれません。

 

 

ちなみに私は現在、SIMフリーのiPhone XSとGalaxyS5を持っているので、この2台を基準に使用方法などを書いていきたいと思います。 

f:id:schhms:20190426173730j:plain

 

SIMトレイを出すピン(iPhoneの場合)

 

また、使用する端末がiPhoneである場合は、SIMを入れ替えするためのピンも必要です。

これはiPhoneを購入した際、箱に入っています。

もし無い場合は、ヘアピンやクリップなどでも代用可能です。
f:id:schhms:20190424150541j:image

 

設定方法

 

ではここからは、私が行った設定方法を書いていきたいと思います。

もちろん説明書通りに行えば使えるようになりますが、ひとつの参考としてここに書いておきます。

また説明書にも書いてある通り、SIMカードを入れた瞬間から日にちのカウントが始まるので、SIMカードの入れ替えや設定は韓国に到着してから行ってください。

 

iPhoneの場合

 

まずはiPhoneの場合です。

はじめに電源を切り、本体の側面にある穴にピンを差し込み、SIMカードのスロットを出します。

iPhoneXSの場合、対応サイズがnanoSIMだったので一番小さく切り取ったSIMカードを挿入しました。

f:id:schhms:20190426173140j:image

 

SIMカードを挿入した後は電源を入れ、設定画面のモバイル通信をタップします。

f:id:schhms:20190424151746j:image

 

モバイルデータ通信の画面で、モバイルデータ通信をONにします。

f:id:schhms:20190426192921j:image

 

そしてデータローミングもONにします。

f:id:schhms:20190426192929j:image

 

モバイルデータ通信とデータローミングがオンになっていることを確認し、その後はAPNの設定をしていきます。

f:id:schhms:20190426193008j:image

 

モバイルデータ通信ネットワークをタップすると、以下のような画面になるので、説明書に書いてある情報を入力していきます。

f:id:schhms:20190424151818p:image

 

画面の右上にLTEという文字が表示されれば設定完了!

サイトやアプリを開いてちゃんとつながるかどうか確認してみてください。

f:id:schhms:20190424151826j:image

 

 

ちなみに、インターネット共有(デザリング)も試してみたところ、友人のスマホでもインターネットが使えるようになりました。

ただ容量が6GBなので動画を見まくったり、写真や動画を送りまくったりしたら、すぐに速度規制がかかると思います。

緊急時や一時的に少し使用する分には問題ないですが、数人が同時にガンガン使うには物足りないかもしれません。

f:id:schhms:20190426193410j:image

 

 

 

Androidの場合

 

続いてはAndroidの設定方法。

先ほどと同じように、まず電源を落とします。

私が使用しているGalaxy S5の場合、電源パックの上にSIMカードのスロットがあったのでここにSIMカードを挿入しました。(対応サイズはmicroSDでした)

f:id:schhms:20190426173127j:image

 

挿入した後は電源を入れ直し、設定画面のその他のネットワークをタップ。
f:id:schhms:20190424152441j:image

 

モバイルデータとデータローミングにチェックを入れます。

f:id:schhms:20190424152425j:plain


iPhoneの場合はAPNの設定が必要でしたが、Galaxyの場合はその必要がありませんでした。

モバイルデータとデータローミングにチェックを入れたとたん、画面の右上にSKTの文字が表示され、インターネットにつながりました。
f:id:schhms:20190424152523j:image

 

この商品のメリット・デメリットは?

 

ここまで説明方法を紹介してきましたが、ここからは私が実際にソウルで使用してみて感じたメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

 

メリット①コスパが良い

 

今まで韓国で使用できるSIMカードといえば、2週間や1カ月といった長期滞在向けのものしか無かったり、価格が2,000円~3000円と高いものがほとんどでした。

しかしこのSIMカードの場合、6日間で900円(2019年4月時点)という短期滞在者には嬉しい期間・価格設定になっているので、できるだけネット代を安くしたい方におすすめです。

 

メリット② 速度・安定性・容量、文句なし!

 

正直使用する前は、「安いから切れたり繋がりが悪かったりするのかなー」と疑ってかかっていたんですが、速度・安定性・容量ともに文句なしでした。

地下鉄や繁華街から少し離れたエリアでも、問題なく使用できたので、旅行中インターネットに関する不満は全くありませんでした。

「この価格でこのクオリティー?!」と驚きましたね。

 

ちなみに現時点(2019.4)ではソウルのみでの使用なので、今後ほかの地域で使用することがあれば、随時この記事に追記していきたいと思います。

 

デメリット①SIMフリー端末がないと使えない

 

続いてはデメリットです。

上記にも書いたように、こちらの商品はSIMフリー端末がないと使えません。

手元にない場合は、安いSIMフリースマホを購入したり、契約キャリアのSIMロック解除を行ったりしましょう。

 

デメリット②機械類が超苦手な方には難しいかも?

 

Amazonを見ていると、一部の方が「設定方法がわからなかった」「SIMカードのサイズを間違って切り取ってしまった」という口コミを書きこんでいました。

 

私は今まで東南アジアで何回もSIMカードを使用した経験があるので、スムーズに設定できましたが、おそらく極度の機械音痴の方だと少し難しく感じてしまうかもしれません。

丁寧な日本語説明書がついているので、ほとんどの方は問題なく設定できると思いますが、「SIMカードって何?」「モバイルデータって何?」「スマホは基本的な操作しかできない」といった方だと少々難しい印象です。

 

デメリット③ 数人で共有するのには不向き。

 

デメリット3つ目は、数人で共有するには不向きだという点。

もちろんインターネット共有(デザリング)は可能なので、1人のスマホだけにSIMカードを入れ、複数で使用するとネット代は抑えられます。

しかし旅行中数人が接続していると、速度が遅くなってしまうかもしれませんし、スマホの電池の減りもかなり速くなります。

なので、各自が自分のスマホにSIMカードを入れて使用するのがいいと思います。

 

一緒に旅行する人数によっては、海外専用グローバルWiFiをレンタルしてシェアしたほうが安上がりになるかもしれないので、一度価格を比較してみてください。

 

どんな人におすすめ?

 

 冒頭にも書いた通り、この商品は以下のような方におすすめしたいです。

    ・コスパ重視
    ・SIMフリー端末が手元にある
    ・ひとり旅
    ・韓国の電話番号が必要ない
    ・APNの設定を自分でできる

 

一応で、先ほども書いたように家族や友人でネットをシェアしたい方や、SIMフリー端末が手元にない方にとっては不向きなので、そういった方は海外専用グローバルWiFi を利用するのがいいかと思います。

Wi-Fiルーターに関しては他記事で紹介しているので、こちらもぜひ参考になさってください。

 

★★★

ということで今回は、韓国で使用できる SIMカードのレビューでした!

韓国を旅行なさる方は、是非検討してみてくださいね。

[Three] 韓国 4G-LTE(FDD) データ通信 使い放題 プリペイドSIMカード 6日間 PLUG TO GO[並行輸入品]

新品価格
¥830から
(2019/4/26 20:10時点)

関連記事

 

リアルタイム情報はKogumaのSNSで!随時更新中

Instagram:(@smi__310)

Twitter: (@somi_koguma) 

 

スポンサーリンク