Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

【韓国旅行】鍾路で100年以上続く老舗、”里門ソルロンタン”は牛肉たっぷりのソルロンタンが味わえるお店でした。

 

 

こんにちは!そみ(@somi_koguma) です。

 

私は今年で25歳になったのですが、同時にある悲しい変化が体に出てきました。

それは、脂っこい食べ物や甘いものがあまり食べられなくなってきた…ということ。

10代~20代前半まではブラックホールみたいな胃腸が自慢で、一生美味しいものを食べ続けるぞ!と意気込んで(?)いたのですが…。

最近は揚げ物を食べるだけで、数日間胃薬を飲まないといけないレベルに。

 

そのため韓国に行っても、今まで大好きだったチキンやサムギョプサルより、チゲやクッパ、ペッパン(定食)といったものを食べることが増えてきました。

 

里門ソルロンタン

 

で、先月の初めに行った”里門ソルロンタン”というお店も、ちょうど胃腸が弱っていたときに駆け込んだお店のひとつです。

お昼時、そろそろ昼ご飯を食べようかと鍾路辺りをぶらぶらしていたときに見つけました。

NAVER先生に聞いてみたところ、ここはミシュランガイドに認定された名店なんだとか。
f:id:schhms:20190610163453j:image

里門ソルロンタンは、鐘閣駅の3-1出口から徒歩4分くらいに位置していました。

細い路地の突き当たりという見つけにくいところにあるのにも関わらず、多くのお客さんが出入りしており、この時点で맛집(美味しい店)の予感が…!

 

 

そしてこちらの里門ソルロンタン、以前は違う場所にあったらしいですが2011年にこちらに移転。

新しい店舗には昔から使用している看板がドーンと掲げられていました。

f:id:schhms:20190610163611j:image

100年以上続いている老舗ということで、どんなソルロンタンが食べられるのだろうとわくわくしながらいざ入店!

 

 

店内は外観から想像していたよりも広く、席数もかなりありました。

雰囲気はよくある韓国の食堂といった感じ。
f:id:schhms:20190610163426j:image

 

席についてすぐに代表メニューであるソルロンタン(牛煮込みスープ)を注文。

ソルロンタンの他にもトガ二タン(牛筋スープ)、モリタン(牛の頭肉スープ)、ゆで肉、牛タンなどがありました。

メニューの横に食材や肉の部位の原産地も貼ってあり、店への好感度がUP。

f:id:schhms:20190610163528j:plain

 


平日の2時ごろに行ったのにも関わらずお客さんがひっきりなしに出入りしていたので、やはり人気店なんだなーと。

外国人客は私たちだけで、サラリーマンや家族連れ客、老夫婦など、ほとんどが地元の韓国人でした。
f:id:schhms:20190610163441j:image

地元の人が集まる食堂こそが、本当の맛집(美味しい店)だと韓国の友人が言っていたので、客層を見た瞬間、店選びに成功したと確信。

隣のテーブルの韓国人家族も「맛있어 맛있어(美味しい)」と言いながらソルロンタンを食べていたので、絶対美味しいんだろうな~と期待が高まりました。

 

 

ソルロンタンが出てくるまで、テーブルに置いてあった白菜キムチやカットゥギ(大根キムチ)を小皿に移し、ハサミでチョキチョキ。

これまた酸味と甘みのバランスが絶妙!どちらも本当に美味しかったです。
f:id:schhms:20190610163444j:image

 

そして出てきたソルロンタン。

豪快にカットされたお肉がゴロゴロと入っていて、めちゃくちゃ美味しそうな予感…!

牛骨をじっくり煮込んだスープの中には、にゅう麵や牛肉のいろんな部位が入っていました。
f:id:schhms:20190610163431j:image

 

ソルロンタンのスープにはほとんど味がついていないので、自分達で味付けをする必要があります。

テーブルに置いてあった塩やキムチなどを足して好みの味にしていきました。

f:id:schhms:20190610163434j:image

 

塩を足してちょうどいい味になったところで、食事開始!
f:id:schhms:20190610163459j:image

長時間煮込まれた牛肉やホルモンはとても柔らかく、口の中でホロホロに。

そして弱った胃腸に染み渡る優しいスープは極上の美味しさ。

脂っぽくもなく、かといって淡泊すぎることもなく、何とも絶妙なバランスでした。これは名店と言われているだけある!と納得。

深みのあるスープをすすっているうちに、気づけば冷えていた体もポカポカになっていました。

 

 

そして途中で白ご飯を投下!

キムチやネギなどをのせて食べても絶品でした。
f:id:schhms:20190610163450j:image

 

実は私、渡韓歴が長いくせにソルロンタンを食べるのは今回で2回目(笑)

今まであらゆる韓国料理を食べてきましたが、ソルロンタンは自分の中で優先順位が低い料理のひとつだったんです。

というのも、初めてソウルで食べたソルロンタンが微妙で、ずっと美味しくないイメージがあったんですよね。それに肉も薄~いのがペラッと一切れのっているだけだったので、食べ応えのない料理だとずっと思っていました(笑)

 

でもここのソルロンタンを食べて、「え、ソルロンタンってこんなに美味しい料理だったの?」と今になって虜に。

しばらくは美味しいソルロンタンのお店を巡る旅が続きそうです。
f:id:schhms:20190610163438j:image

 

スポンサーリンク

 

 

そしてこちらのお店、ソルロンタンの味は申し分ないのですが、お店の店員さんが少し不親切でした(笑)たまたまだったのかもしれませんが、そこが唯一残念だった点です。

でも韓国では名店とか人気店によくあることなので、仕方ないですね。

ソルロンタンの美味しさを考えると、リピートは100%です。
f:id:schhms:20190610163502j:image

旅行中、胃腸の調子が悪くなったときや朝ごはんを食べたいときは、是非また来たいと思います。

  

★★★ 

ということで今回は、鍾路で100年以上続く老舗、”里門ソルロンタン”の紹介でした。

ソルロンタン好きの方の間では既に有名なお店ですが、まだ行ったことがない方は是非行ってみてくださいね。

 

営業時間:8:00-21:00(月~土)8:00-20:00(日)

ブレイクタイム:15:00-17:00

定休日:名節    

本記事は2019.5.3時点の情報を元に作成いたしました。

 

スポンサーリンク

 

リアルタイム情報はSNSで!

Instagram:(@smi__310)

Twitter: (@somi_koguma)