Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

韓国の大人気カフェ、文化社(チュンムロ)で食べたフルーツサンドは絶品でした。

 

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

 

先日、ちょっと長めのソウル旅から帰国しました。

台風やらお盆休みやら、夏は何かと心配な要素があるので、この時期の旅行はあまり好きではないのですが、無事うまくすり抜け、今回もの~んびりとソウルを味わってきました。

で、今回も素敵なカフェにたくさん出会ったので、早速皆さんと共有していきたいと思います。

 

文化社(忠武路チュンムロ・2号店)

 

夏のデザートといえば、やっぱりフルーツサンドでしょ!ということで、旅3日目の朝に向かったのが文化社(忠武路チュンムロ 2号店)というカフェ。

フルーツサンドが美味しいお店として、韓国人はもちろんのこと日本人や中国人観光客の間でも大人気のカフェなんです。

 

文化社1号店は乙支路(ウルチロ)にあるんですが、人気すぎていつも席がいっぱいでして…。最近2号店がオープンしたという噂を聞きつけたので、人気になる前に行ってみることに。

f:id:schhms:20190810121141j:plain

 

文化社(忠武路2号店)は、地下鉄4号線 忠武路駅の5番出口から、徒歩5分程度のところにあります。

地図を見たところ、そこまで複雑ではない道順だったので、何も心配せずに向かったのですが…途中で「???どこ???」と数分迷ってしまいました。

 

というのも、文化社(忠武路2号店)は道順はシンプルでもめちゃくちゃ分かりにくいところにあるんですよね(笑)

目印はこちらのTOMATO Espresso Coffee。こちらのお店の横から、4階へ上がっていくと文化社(忠武路2号店)があります。(わかりにくー!)

f:id:schhms:20190810121126j:image

 

看板も特になく、扉に文化社と張り紙がしてあるだけ。インスタやブログがなければ確実に廃業するレベルですね。(こら!)
f:id:schhms:20190810121129j:image

ポジティブに言えば、乙支路や忠武路にあるカフェは「こんなところにカフェがあるの?」という、宝探しゲームのようなワクワク感があるんですがね。

 

そして汗だくになりながら4階までズンズン上がっていきます。
f:id:schhms:20190810121023j:image

 

4階に到着。小さなポストイットに文化社と書いてあります。
f:id:schhms:20190810121031j:image

 

最近、こういう形式のドアが多い気がします。ちょっと入りにくい感じ。

堂々とカフェ感を出さないのが流行りなんでしょうか。
f:id:schhms:20190810121034j:image

 

ではいざ入店!

f:id:schhms:20190810121043j:image

おお、思っていたよりも広くて天井も高い!

階段とか建物の外観はいかにも韓国の古い建物という感じでしたが、カフェ自体はうまくリノベーションされて今風のシンプル&シックな雰囲気に。

 

 

注文カウンターもお洒落。

こげ茶色の広いカウンターの上には、お香やライト、ドライフラワーなどがセンス良く飾られていました。
f:id:schhms:20190810121114j:image

 

この日の目的は文化社名物のフルーツサンド!ということで、フルーツサンドとアイスカフェラテを注文。
f:id:schhms:20190810121207j:image

軽食はフルーツサンド以外にも、パンケーキやバターロール、トースト、トッポッキ?(笑)までありました。

ドリンクメニューも種類が多くて、コーヒー以外にもソーダやお茶などがありました。人気店だからか値段設定はまあまあ強気でしたが…。
f:id:schhms:20190810121111j:image

ちなみに午後7時以降はカフェからBarに変わるそうで、コーヒーメニューが注文できなくなるそうです。

 

 

注文を済ませ、いつものように店内を見て回ることに。
f:id:schhms:20190810121133j:image

 

先ほども書いたように、店内は割と広くて席数も豊富。

他の方のブログ情報によると、乙支路1号店よりもずっと広いとのことなので、これから人気店になっても待ち時間が短くて済むかなーと。
f:id:schhms:20190810121040j:image

 

店内のテーブルや椅子のほとんどは、こげ茶色の木製で統一されていました。テーブルの曲線が何とも魅力的。

ただ椅子はクッションゼロだったので、長時間座っていると腰が痛くなりそうです。
f:id:schhms:20190810121108j:image

 

店内は少し無機質な感じがしますが、窓が多いおかげで店内に日差しが差し込み、温かみのある雰囲気に。適度に植物が置いてあるのも良かったです。 
f:id:schhms:20190810121048j:image

最近は月の形をした照明が流行っているんでしょうか。韓国のいろいろなカフェやホテルで見かけます。

 

で、出てきたフルーツサンドとアイスカフェラテがこちら。

フルーツサンドは作り置きしていないのか、客が私一人だけだったのにも関わらず出てくるまで割と待ちました。
f:id:schhms:20190810121118j:image

透明のお皿&こげ茶色のテーブルで、フルーツサンドの写真映えも抜群です。

 

フルーツサンドの中には、桃・バナナ・キウイ・苺・オレンジがゴロゴロ入っていました。想像以上のボリューミーな見た目だったので、朝ごはんを食べてこなくて正解だったなーと。
f:id:schhms:20190810121121j:image

 

カフェラテを飲んで準備運動をし(?)、フルーツサンドをパクリ。

心の中で「……美味しい!!!!」と叫んでしまいました。いや、絶品です。
f:id:schhms:20190810121026j:image

果物やパンももちろん美味しいんですが、文化社のフルーツサンドの何が美味しいかって、やっぱりこのクリーム。

噂では聞いていましたが、このクリームが全然しつこくないんですよね。甘さも控えめで、ペロリと2つ食べてしまいました(笑)

 

フルーツサンドはやっぱ日本の方が美味しいでしょーと内心思っていたのですが、いい意味で裏切られました。
f:id:schhms:20190810121101j:image

また、フォークとナイフも付いてきたんですが、やはり手で食べたほうが楽でした。

 

カフェラテとフルーツサンドを交互に食べていると、「これ以上の幸せはないな」なんて思ったり。(韓国のカフェに来るたびに思うことですが)

私は美味しすぎるコーヒーやデザートに出会うと普通に一人でニヤ二ヤしてしまうんですが、店員のお兄さんと目が合った時の気まずさといったら…。
f:id:schhms:20190810121052j:image

近年韓国では日本のフルーツサンドがブームとなり、多くのカフェがこぞってフルーツサンドを販売しているそうですね。

文化社はその中でも、素早くメニューに取り入れたカフェなので、ソウルでフルーツサンドを食べるなら文化社!なんて言われているんだとか。

正直、味はあまり期待していなかったんですが、絶品でした。日本の家の近くにあるフルーツサンド老舗店よりも美味しかったです…(笑)

 

 

★★★

ということで今回は文化社(忠武路2号店)の紹介でした!

1号店はすでに知名度も高く待たなければいけないので、並びたくないなら2号店が狙い目かなと。

駅からも近く、営業時間も長いので、旅の途中にフラッと立ち寄りやすいカフェだと思います。

とにかくフルーツサンドが絶品なので、是非行ってみて下さいね。

 

 

営業時間:11:00-23:00

Instagram:@bunkasha

※本記事は2019年8月時点の情報です。

 

スポンサーリンク

 

 

韓国旅行 関連記事