Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

【スペイン旅行記】バルセロナ1日目、ローマからバルセロナに移動。初バルとカサ・バトリョに大興奮。

 

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

 

 

今回はイタリア旅行記に続いて、今年の夏に行ったスペイン旅行1日目の旅行記を書いていきたいと思います。

 

イタリア旅行の記事をまだご覧でない方は、是非こちらも合わせてどうぞ

 

イタリア旅行記と同様、日記のような記事となっているので、暇つぶしに読んでいただければなーと思います。

f:id:schhms:20191124161933j:image

 

 

ローマからバルセロナに移動! 

 

朝、ローマのフロリスホテル(Floris Hotel)を出発し、テルミ二駅に到着。

f:id:schhms:20191124164817j:image

 

行きと同じくフェウミチーノ空港までは、レオナルドエクスプレスで。
f:id:schhms:20191124164825j:image

 

券売機でチケットを買い、乗り場付近で待機。

こちらも行きの時と同様、列車が来るまで乗り場がわからなかったけど、もうイタリアスタイルに慣れたから動揺しない!
f:id:schhms:20191124164814j:image

 

レオナルドエクスプレスに乗って30分程度で、フェウミチーノ空港に到着。

また会おう、レオナルドエクスプレス。名前はめちゃくちゃかっこいいけど、中は普通の列車だったなー。
f:id:schhms:20191124164803j:image

 

フェウミチーノ空港で搭乗手続きを済まし、腹ごしらえ。

とは言っても、ピザしかない。...またピザ。

日本に居てるときだったら「美味しそうー!」ってなるピザも、この時点で”もう見たくないレベル”に達していました。(私はやっぱりアジア飯派です)
f:id:schhms:20191124164820j:image

 

今回選んだ航空会社はVueling航空。

国内線だからか乗客はほぼスペイン人かイタリア人。アウェイさにワクワクしながら搭乗。
f:id:schhms:20191124164810j:image

 

ローマからバルセロナまでの飛行時間は2時間ほど。

後ろの席に座っていた子供達に絡まれたり(笑)、寝たりしているうちに、あっという間にバルセロナのエルプラット空港に到着。
f:id:schhms:20191124164806j:image

 

エル・プラット空港からエアロバスでホテルへ

 

この旅は荷物の軽量化を頑張ったおかげで、移動が楽々。

荷物も預けてなかったので、入国手続きを終え、市内に行ってくれるエアロバスの乗り場へ直行!

f:id:schhms:20191124164855j:image

往復チケットはバス乗り場にいたスタッフさんから直接購入し、乗車。

ここで初めてバスの運転手さんに「Hola!」とスペイン語で挨拶したんですが、ちゃんと返してもらえて嬉しかったです(笑)

楽しい楽しいスペイン旅行の幕開けを噛み締めました....。
f:id:schhms:20191124164852j:image

 

エアロバスは早朝〜深夜まで5分、10分間隔で運営している空港バス。

私たちはホテルから一番近い停留所、カタルーニャ広場まで向かいました。
f:id:schhms:20191124164848j:image

 

車内にはスペインの音楽がガンガン鳴り響き、運転手は熱唱。日本だったらまずありえないような状況に、笑いが止まらなかったですね。
f:id:schhms:20191124164902j:image

 

カタルーニャ広場周辺ホテル、ONIX RAMBLA

 

今回私たちが泊まったのは、オニックス ランブラホテル(Onix Rambla)というカタルーニャ広場近くのホテル。

カタルーニャ広場はバルセロナ観光の中心とも呼ばれているところなので、アクセスの良さを重視してこのホテルに決めました。
f:id:schhms:20191124164858j:image

 

ホテルの部屋から見える風景にテンションが最高潮に達し、しばらくキャッキャ言いながら写真や動画を撮影。
f:id:schhms:20191124164845j:image

 

このホテルの詳しい情報は以下の記事から 

 

 

今すぐにでも街に繰り出したいところでしたが、体には4日分のローマ疲労が溜まっていたのでここで一度仮眠をすることに。おやすみー。
f:id:schhms:20191124164905j:image

 

スポンサーリンク

 

 

 

ガウディが手掛けたアパート、カサ・バトリョ

 

仮眠で回復し、晩ご飯の時間まで街散策!!!

ホテルから徒歩圏内にガウディの建築物カサ・バトリョがあったので、行ってみることに。

f:id:schhms:20191125172030j:plain

 

歩くこと5分。いきなり現れたガウディ建築物を目の前に、言葉を失う日本人2人。

「どうしたらこんなデザインの建物を思いつくのかな?」「こんなデザイン、今までみた事がない」と感動の嵐。

f:id:schhms:20191124164913j:image

 

カサ・バトリョの予約はしていなかったので中には入りませんでしたが、外観を見られただけでも嬉しくて嬉しくて、しばらく近くのベンチに座って観賞。

いや、天才だな。ガウディ。(何様)
f:id:schhms:20191124164916j:image

 

その後は、ホテル周辺をぶらぶら散歩。

バルセロナの街はローマよりも新しくて、歩道も広くて、清潔感もありました。(ローマはまあまあ汚かったから、めちゃくちゃ綺麗に見えた)

ちょっとカナダのバンクーバーに似ているなーという印象でした。
f:id:schhms:20191124164920j:image

 

初バルで腹ごしらい

 

その後、ホテルの近くにあったバルで晩ご飯!

バス運転手へのあいさつに成功した私は味を占めて、店員さんに「Hola!」と元気よく挨拶。(旅行限定の明るさ)

f:id:schhms:20191124165007j:image

 

初のバルにドキドキしながらも、隣のいかにもお金持ちそうな中国人を真似て注文。
f:id:schhms:20191124164954j:image

 

目の前には美味しそうな料理がずらり。

メニューのスペイン語がさっぱりわからなかったので、とりあえず指を指していくつか注文。
f:id:schhms:20191124164951j:image

 

その後英語メニューをゲットし、タパスをいくつか注文。

味は美味しかったけど、スペイン料理って結構塩辛いもんなんですね。めっちゃ喉乾きました。
f:id:schhms:20191124164946j:image

 

そして本場のアヒージョも注文!

思ってたアヒージョとは見た目が違ったけど、こちらも海老ぷりぷりで美味しかった。
f:id:schhms:20191124165004j:image

お腹いっぱいになったところで、会計して店を出たのですが.....店に帽子を落としたことに気づき、もう一度戻って店員さんに聞いてみることに。

そしたら「ああ、あの帽子?もう捨てたよ!」って真顔で言われ、「え?」って顔したら「冗談~~~!」って見事にからかわれちゃったという。

いくら関西人でもノリについていけなかった....恐るべし、スペイン人の明るさ。

 

バルセロナの洗礼。花火の爆音で一睡もできず。

 

夏のバルセロナは9時半ごろまで外が明るく、現地の人も12時くらいまで外で飲み食いしていました。

「いや、平日ですよね?」と突っ込みたくなったけど、ここはスペイン。

日本のがちがちした感じがなくて、みんなゆったりと楽しそうにディナーを楽しんでいました。スペイン人が長寿なのにも納得。

f:id:schhms:20191124165547j:image

部屋からの眺めがたまらない! ”世界の街歩き”に出てきそうな雰囲気です。

 

さて、明日からまたガンガン観光しなきゃいけないから、今日は寝ましょう!と12時頃に消灯。
f:id:schhms:20191124165544j:image

..............しかし、ここでまさかの事態。

夜中の12時なのにも関わらず、なぜかホテルの真横で馬鹿でかい爆竹の音がするんです。

調べてみると、この日は聖ヨハネの前夜祭という火祭りの日で、一晩中火遊びをする日.....。

耳栓しても聞こえるレベルの爆音が鳴り響き、静まり返ったのは5時ごろだった気が...
f:id:schhms:20191124165550j:image

ほぼ寝られず、絶望感しかなかったスペイン初日。

しかし強烈な思い出になったので、よしとします。

 

★★★

ということでバルセロナ1日目の旅行記でした。

また2日目以降のスペイン旅行記もUPするので、もしよろしければ読みにきてくださいね。

ではっ

 

スポンサーリンク

 

 

ヨーロッパ旅行 関連記事

 

  

リアルタイム情報はSNSで!

Instagram:(@smi__310)

Twitter: (@somi_koguma)