韓国で話題の『하마터면 열심히 살 뻔했다( あやうく一生懸命生きるところだった )』を読んでみた。

 

皆さま こんにちはー!そみ(@somi_koguma) です。

今回は久しぶりにおすすめ韓国書籍を紹介していきたいと思います。

 

今回紹介する『あやうく一生懸命生きるところだった』は、ゆるいタイトルとイラストが気になって購入した1冊。

我慢、忍耐、同調圧力といったものが苦手なわたしは、ついついこういったタイプのエッセイを買ってしまうのですが、今回も買って正解でした。

常識や周りの目に振り回されることなく”ゆるく自分の道を生きよう”というメッセージが込められており、読んでいる間中ずっと柔らかいクッションに寄りかかっているような気分になりました。

 

f:id:schhms:20190119154704j:image

今回は本の簡単な紹介と、印象深かったフレーズなどを元に考えたことを書いていきたいと思います。

(この本は韓国語で書かれた本です。)

 

【追記:日本語版も発売されました!】

スポンサーリンク

 

 

하마터면 열심히 살 뻔했다( あやうく一生懸命生きるところだった )

 

하마터면 열심히 살 뻔했다(あやうく一生懸命生きるところだった)』は、”我慢・努力しているのに一向に幸せになれない社会”というテーマを元に、”がむしゃらに努力しない勇気”、”ひとつの道に執着しない大切さ”について書かれたエッセイ本です。

 

YOLOや小確幸、ワークライフバランスなど、近年韓国では競争社会に疲れた人達が新たな流行を生み出しています。

 

そんな中、発売されたこちらのエッセイは、まさにいまの韓国人の心情や願いがたっぷり反映された1冊で、発売以降 瞬く間にベストセラーエッセイとなりました。

 

f:id:schhms:20190115162929j:plain

 

著者のハワン(하완)さんは、会社を辞めた後フリーとなり、現在イラストレーター・エッセイストとして活動している方です。

大学受験で三浪したあと、アルバイトに明け暮れる大学生活を送ったり、自由を引き換えに給料をもらうことに違和感を覚え会社を辞めたりと、苦しい青春時代、会社員時代を送った経験があり、おそらく韓国社会の辛い試練を全部知っている方なんだと思います。

韓国特有の競争・上昇未来志向社会に翻弄された経験があってか、彼の言葉にはゆるくも芯があり、多くの韓国人(特に若者)の共感を得ているそうです。

わたし自身も、競争や他人の目を気にしながら生きる人生に嫌気がさして、ゆるく生きる道を選んだ身なので、著者のエピソードや言葉には共感できる部分が数多くありました。

 

ということで早速、印象的だった言葉をピックアップしていきたいと思います。

 

人生マニュアル

그동안 남들이 가리키는 것에 큰 의문과 반항을 품고 살았지만, 그렇다고 그것들로부터 완전히 자유롭지도 않았다.나는 항상 타인의 시선이 신경 쓰였고, 그들 보기에 괜찮은 삶을 살려고 애써왔다. 잘 안 됐지만 말이다. 사실 가능하면 `인생 매뉴얼`에 맞춰 살고 싶었다. 그런데 그게 참 쉽지가 않다..

내가 이 나이에 정말 부끄러워해야 하는 것은 내 나이에 걸맞은 것들을 소유하지 못한게 아니라,나만의 가치나 방향을 가지지 못하고 살아왔다는 사실이다.

引用:『하마터면 열심히 살 뻔했다』より

(以下、わたしが意訳した文章です)

『今まで他人が指し示すものに、大きな疑問と反抗心を抱いて生きてきたが、だからといってそれらから完全に自由になった訳でもなかった。わたしはいつも他人の視線が気になり、他人から見ていい人生を送ろうと努力してきた。上手くいかなかったが…。

本当は可能なら”人生マニュアル”に合わせて生きたかった。しかしそれは容易いことではない。

わたしがこの年齢になって本当に恥ずかしがらなければいけないことは、自身の年齢にふさわしいものを所有できないことではなく、自分だけの価値や方向性を持たないまま生きてきた事実だ。』

 

 

f:id:schhms:20190115163838j:image

 

やめる・諦める勇気

나는 ”절대 포기하지 마라”라는 말을 싫어한다. 목숨 빼곤 다 포기해도 좋다고 생각한다. 쉽게 포기하며 살라는 이야기가 아니다. 원하는 목표가 있으면 노력도 하고,최선을 다해봐야 한다. 그렇게 두세 번 도전했는데도 안 되면 과감히 포기하는 게 맞다.

세상에는 많은 길이 있다. 어떤 길을 고집한다는 것은 나머지 길들을 포기하고 있다는 이야기와 같다.

引用:『하마터면 열심히 살 뻔했다』より

(以下、わたしが意訳した文章です)

『わたしは、絶対にあきらめるなという言葉が嫌いだ。命以外は全てあきらめてもいいと思っている。簡単にあきらめながら生きろという話ではない。望む目標があれば努力もして最善も尽くすべきだ。そして2、3回挑戦してダメだったら果敢にあきらめるべきだ。世界にはたくさんの道がある。ある道だけに執着することは、その他の道をあきらめているのと同じことだ。』

 

 ”勇気”といえば、挑戦する勇気、リスクを負う勇気といったことを連想してしまいますが、実は”何かをやめる、あきらめる”というのが一番エネルギーのいる行為だったりします。

やめることに対する勇気というのは、韓国社会においても日本社会においてもあまりいい風には語られていなくて、幼い頃から”やめる=恥ずかしいこと、ださいこと”という悪いイメージを植えつけられているような気がします。

だから受験や就活に失敗したことで、自分の人生全てが失敗したと考えてしまう人が多いのだと思うし、私自身も学生時代は世間の正解と自分を答え合わせをするような日々を送っていました。

今あの頃を振り返って思うのは、「あきらめるな!」は一種の洗脳だったということ。

 

 もちろん自分が「これだ!」と思うことに対しては、ある程度頑張ってみる必要があると思いますし、置かれている状況によってはすぐ様諦めるという選択を選べないこともある。

ただ「嫌なことを我慢してやるのがかっこいい」というのは歪んでいるから、早い段階でそれに気づいて方向転換できる方法を模索するのがいいのかなと。

 

f:id:schhms:20190115163842j:image

スポンサーリンク

 

試してみる権利

꿈이 있다는 건 분명 설레는 일이다. 하지만 꿈을 향해 간다는 건 혹독한 고통의 길이기도 한다. 그 고통을 다 참아 내고 끝까지 가면 꿈을 이룰 수 있다고 말해주고 싶지만 사실은 그렇지 않다.

 하지만 한번 시도해보는 걸 권하고 싶다. 해보지도 않고 포기하기엔 마음에 오래 남을 것 같다. 우리에겐 시도해볼 권리가 있다. 비록 그것이 이루어지지 않는 사랑이라고 해도 말이다. 꼭 이뤄져야만 의미 있는 사랑은 아니니까.

引用:『하마터면 열심히 살 뻔했다』より

 (以下、わたしが意訳した文章です)

夢があるということは間違いなく胸が高鳴るものだ。しかし、夢に向かって進むことは残酷な苦痛の道でもある。その苦痛を全て耐え抜き、最後まで行けば夢が叶うと言ってあげたいところだが、本当はそうではない。(中略)しかし一度トライしてみることをおすすめしたい。トライせずに諦めると、長く心に残ってしまいそうだ。わたしたちにはトライしてみる権利がある。たとえそれが叶わない愛だったとしてもだ。必ず叶ってこそ意味のある愛という訳ではないから。

 

f:id:schhms:20190115162945j:image

 

上手くいかないほうが正常

"아, 내 마음대로 되는 게 하나도 없네"

우리는 늘 원하는 대로 되지 않아 괴로워한다. 노력을 안 했으면 모를까 나름 열심히 노력도 했건만 원하는 대로 되지 않아 더 괴롭다. 그런데 가만 생각해보면 원하는 대로 되지 않는 게 정상이다.

引用:『하마터면 열심히 살 뻔했다』より

 (以下、わたしが意訳した文章です)

”あー、思い通りにいくことがひとつもないなー。”

わたしたちはいつも望む通りにならず苦しむ。努力をしなかったらのなら納得できるが、自分なりに懸命に努力もしたのに、望むようにならないからもっと苦しいのだ。しかしよく考えてみると、望むようにならないほうが正常なのだ。

 

一生懸命=我慢すること?

”열심히 하겠습니다.”

우리는 이 말을 입에 달고 산다. 그런데 이 '열심히'라는 말에는 싫은 걸 참고 해낸다는 뜻이 내포되어 있다. 즐겁지가 않다.

그래서 열심히 살면 힘들다. 그건 견디는 삶이니까.

引用:『하마터면 열심히 살 뻔했다』より

(以下、わたしが意訳した文章です) 

”一生懸命頑張ります。” わたしたちはこの言葉をしょっちゅう口にする。しかしこの”一生懸命”という言葉には嫌なことを我慢しやり抜くという意味が含まれている。全然面白くない。だから一生懸命生きると大変だ。それは耐える人生だから。

 

 

f:id:schhms:20190115163042j:image

 

★★★

 ということで今回は、韓国で話題の『하마터면 열심히 살 뻔했다(あやうく一生懸命生きるところだった)』の紹介と、印象に残った言葉から考えたことを書いてみました。

ちなみに日本語の部分はわたしが意訳したものなので、もしかしたら間違っている部分もあるかもしれません。ご了承ください…。

 

 

追記:日本語版はこちらです▼

 

【追記】

2020年夏、ハ・ワンさんの新しいエッセイが韓国で刊行されました!


 

スポンサーリンク

 

韓国書籍 関連記事▼