Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

韓国軽食の定番、ピリ辛トッポッキの美味しい作り方を紹介します。

 

こんにちは、そみです。

 

今まで韓国の誕生日 定番料理、わかめスープ(ミヨックッ)本格大根キムチ(カットゥギ)韓国のおこわ、ヤッパプ(薬飯)と、日本では少しマイナー(?)な韓国料理の作り方を紹介してきましたが、今回は、日本の韓国料理店にも必ずあるメニュー、”トッポッキ”の作り方を紹介していきたいと思います。

  

  • 材料
  • 作り方

スポンサーリンク

 

続きを読む

日本にいながら韓国の小説・エッセイ・雑誌(韓国語版)を購入する方法をまとめてみました。

 

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

 

わたしは7年ほど前に、韓国の友人から本をプレゼントしてもらったことがきっかけで韓国のエッセイにハマり、それ以降、毎月のようにエッセイ本を買うようになりました。

 

今まで韓国の小説やエッセイ本は、韓国で買うことが大半だったんですが、最近は日本でも購入することが増えてきまして。

というのも数年前まで、日本で韓国語で書かれた書籍を購入するのは困難だったんですが、ここ最近は韓国文学ブームの影響もあって、わりと簡単に手に入れられるようになってきたんです。

 

今回は

    ・韓国文学、エッセイが好き
    ・韓国語で本を読んでみたい
    ・本が買いたいけど、なかなか韓国に行く機会がない
    ・日本で韓国の本を購入する方法を知りたい

という方に向けて、 日本にいながら韓国の小説・エッセイ・雑誌(韓国語版)を購入する方法をいくつか紹介していきたいと思います。

 

f:id:schhms:20190321163148j:plain

  • 有名ネットショップで購入する
  • 韓国書籍専門店のネットショップで購入する
  • 日本の書店で購入する
  • メルカリで中古本を探す

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

書籍『韓国ビジネス53の成功ルール』は韓国という国と関わる人なら必ず読んでおきたい良書です。

 

こんにちはー、そみ(@somi_koguma) です。

 

今回は日韓のビジネス、文化、思考の違いなどについて書かれた書籍『韓国ビジネス 53の成功ルール: 互いの違いを強みを変える最強タッグの作り方を紹介していきたいと思います。

 

    ・韓国人とビジネスをしている、働いている
    ・韓国に住んでいる、韓国に留学する
    ・韓国人と仲良くなりたい
    ・韓国人の友人・恋人がいる
    ・日韓の文化、思考の違いを知りたい

という方に向けて、この本を読んだ感想や、この本を通して学べること、などを紹介していきたいと思います。 

f:id:schhms:20190317155850j:image

続きを読む

【韓国カフェ】ひとりカフェにぴったり!望遠洞のPaper company(종이다방 チョンイタバン)はとても静かで落ち着くカフェです。

 

 

皆さん、こんにちはー。そみ(@somi_koguma) です!

今回はソウルのおすすめカフェの紹介をしていきたいと思います。

 

先日以下の記事にも書いたように、わたしは基本的にソウルに一人で行くことが多くて、友達に会う時間以外はひとりで好きなカフェや本屋を巡ったり、路地を散歩したり、写真を撮ったりしながら過ごします。

 

 

特に韓国のカフェはめちゃくちゃ好きで、1日に3軒くらい行くのですが、ソウルでホットなカフェを巡っていると、中には一人じゃ居づらい雰囲気のところもあるんですよね。

でも最近行った望遠洞のPaper company(종이다방 チョンイタバン)は、ひとりカフェの聖地のような空間で、思う存分ひとりカフェを楽しむことができました。

 

Paper company(종이다방 チョンイタバン)

 

望遠洞にある”Paper company(종이다방)”は、ソウルでは珍しいおしゃべり禁止のカフェ。

おしゃべり禁止といっても大きい声で話さなければ問題はないのですが、非常に静かなカフェということもあって、友達やカップルがおしゃべりするのには不向き。

噂が広まり、自然とおひとり様の常連客が増えていっているんだとか。

f:id:schhms:20190314153039j:image

続きを読む

【韓国旅行】ソウルにある”ひとりご飯におすすめのお店”を、地域別にまとめてみました!

 

こんにちは!そみ(@somi_koguma) です。

 

わたしは一年に何回も韓国に行くのですが、そのほとんどは一人旅です。

韓国に行って友人と食事をすることもあるのですが、毎回誰かと食べるわけにもいかず…ひとりご飯をすることも多々あります。

 

しかし韓国には、ひとりご飯文化が日本ほどないため、ひとりで気軽に食べられるお店は少なめ。

大勢のカップルや家族連れの中でポツンとひとりご飯を食べるのは、いくら一人旅好きの人でも居心地が良くないはずです。

かといって、せっかくの旅行なのにファストフード店や軽食屋ばかり行くのは嫌ですよね。

 

ということで今回は、一人旅なさる方、留学中、在住中の方に向けて、今までブログで紹介してきたお店の中から”ひとりご飯”しやすいお店をピックアップし、地域別にまとめてみたいと思います。

f:id:schhms:20190310123518j:plain

  • 新村(シンチョン)・梨大(イデ)・大興(テフン)エリア
    • 장수보감(チャンスポガム)
    • オトクスン
    • マミソンカルグクス
  •  光化門(クァンファムン)エリア
    • モラン
    • チョンジュパプチャ
  • 合井(ハプチョン)エリア
    • イロンテンジャン
    • ナムサンチゲ
  • 支庁(シチョン)・乙支路(ウルジロ)エリア
    • オモリチゲ
    • プゴクッチプ

スポンサーリンク

 

続きを読む

ソウルで美味しいスンデクッを食べるなら”カンチャング チャプサルチンスンデ(강창구찹쌀진순대)”がおすすめです!

 

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

 

わたくし「韓国料理の中で一番何が好き?」と聞かれたら、「スンデクッ!」と即答するほど、スンデクッには目がなくてですね。

韓国に行く度に、滞在中最低2回は必ず食べます。

 

で、韓国の友人たちも私のスンデクッ好きを知っていて、今では何も聞いてくることなく、スンデクッのお店に連れていってくれます(笑)

 

で、最近も韓国の友人がおすすめしてくれたスンデクッを食べにいったのですが、そこのスンデクッがめちゃくちゃ美味しかったので、今回も皆さんと共有していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

続きを読む

自由に生きるための人生の指針は海外で学んだ。学生時代に海外留学をして得たこと、学んだこととは?

 

皆さん、こんにちは。複業フリーランスとして活動中のそみ(@somi_koguma) です。

 

日ごろからブログで発信しているように、わたしは”適性に合った環境で、我慢せず好きなことをし、自由に生きる”ということを人生の指針にしています。

 

こういうことを言うと「誰だってそうしたいに決まってる!しかし人生は甘くないぞ!」という声が飛んできそうですが、わたしの場合、わりと本気でこの指針に沿って人生を設計していて、日々試行錯誤しながらワークスタイルやライフスタイルを自分の理想に近づけていっています。

 

今となっては友人から「自分の価値観や人生の指針をしっかり持っているね。」と褒められるようになってきましたが、大学2年生くらいまでは恥ずかしいくらいフワフワとした人でした。

  • なんとなく違和感を感じていても、変なやつだと思われるのが嫌で黙る。
  • 流行しているからという理由で時間やお金を浪費する。
  • 空気ばかり読んで自分に自信がない。

……こういう人でした。

 

いつも周りに合わせてばかりで、自由とは程遠い人生を送っていた私ですが、大学時代に海外旅行・留学にハマったことがきっかけで、考え方や生き方が180度変わりました。

今の働き方やライフスタイルはすべて海外での経験がベースにあるといっても過言ではないですし、思い切って外に飛び出した当時の自分に感謝しています。

 

f:id:schhms:20190220201717j:plain 

今回は、

  • 海外留学で成長したい
  • 海外でいろんな経験をしてみたい
  • 自由で柔軟な生き方・働き方を実現したい
  • 閉鎖的な考え方にどうも合わない

といった方に向けて、わたしが海外で学んだ”自由に生きるためのヒント”を共有したいと思います。

 

  • いろんな生き方があることを頭の片隅においておく
  • 自分が輝けることを、自分に合った場所でする
  • 自分の感覚を信じることを許す

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

『今日から使えるシゴトの韓国語』は、韓国で働く人や韓国人と仕事をする人のための必読書です!

 

 

皆さん、こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。

 

日ごろ複業フリーランスとして生計を立てている私ですが、昨年ごろから韓国企業から仕事依頼を受けたり、韓国人の生徒さんに日本語を教えたりすることが増えてきました。

 

韓国語を長年勉強してきたおかげで、幸い普通の会話をする分には困らないんですが、ビジネスの場で韓国語を使うのは初体験。

仕事の話が専門的になってくるにつれ、知らない専門用語がポンポンと出てきて、混乱したり、韓国特有のビジネス文化に困惑したりと、最近になって自分の勉強不足を痛感することが増えてきました。

 

 

そんな中、最近読んだのが『今日から使えるシゴトの韓国語 韓国人とのビジネスに効くフレ-ズ250』という本です。

ビジネスでよく使われるフレーズ韓国のビジネス文化に関する知識が学べる、とても有益な1冊でした。

f:id:schhms:20190302172608j:image

今回は、

    ・韓国で働いている
    ・韓国企業と仕事することがある
    ・韓国のビジネス文化に興味がある
    ・ビジネス韓国語に触れてみたい

といった方に向けて、『今日から使えるシゴトの韓国語 韓国人とのビジネスに効くフレ-ズ250』をおすすめしたい理由を書いていきたいと思います。

 

  • ビジネスで必ず役立つ韓国語フレーズが学べる
  • 韓国語よりも難しい?韓国のビジネス文化

スポンサーリンク

 

続きを読む

【韓国カフェ】延禧洞(ヨニドン)にある”anthracite coffee”は広くてシックな雰囲気のカフェでした。

 

皆さん、こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。

 

以前、延禧洞(ヨニドン)にある独立書店”YOUR MIND”を訪問したとブログに書きましたが、その帰りに前から気になっていたカフェに行ってみました。

 

anthracite coffee(앤트러사이트)

 

今回紹介するのは、延禧洞(ヨニドン)で一番有名なカフェ、anthracite coffee(앤트러사이트)です。

ここ、延禧洞(ヨニドン)のほかに漢南洞、合井洞、西橋洞、済州島にも店舗を構えており、いま韓国の若者の間で話題になっているカフェだそうです。

わたしも以前からSNSで見て気になっていたので、独立書店に行った帰りに、立ち寄ってみることにしました。

f:id:schhms:20190228150422j:image

続きを読む

韓国エッセイ『私は私のままで生きることにした(日本語版)』は自分らしい人生を歩むヒントを掴める1冊です。

 

皆さん こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

以前、以下の記事で韓国のベストセラーエッセイ『나는 나로 살기로 했다』を紹介したのですが、先日、待望の日本語版が発売されました!


それがこちら『私は私のままで生きることにした』です。

漠然とした不安や周りの価値観に振り回されることなく、自分を大切に、自分らしく生きていこう!というメッセージが込められたエッセイで、韓国では60万部を突破したベストセラーとなっています。

発売から2年以上も経っているのにも関わらず、今でも韓国の本屋の目立つところに陳列されています。

f:id:schhms:20190223165858j:image

そんなこちらのエッセイ。

私は2年前に韓国語版を読んだのですが、当時、就職するかフリーランスになるかで葛藤しており、このエッセイの内容にとても励まされたのを今でも覚えています。

そして今月、日本語でも読みたいなーと思っていたところに入ってきた”邦訳版発売”の朗報。

迷わず即予約しました(笑)

 

以前、Twitter上で邦訳版発売の記事をリツイートしたところ、けっこう反響があったので、これは日本でもベストセラーになる予感…?(笑)

BTSのメンバーの1人が読んでいたことで、日本でも話題になったそうですね。

 

ということで今回は、

    ・すぐ人に振り回されてしまう
    ・もっと自分に自信を持ちたい
    ・不安に飲み込まれてしまう
    ・自分らしさをもっと大切にしたい
    ・韓国語版『私は私のままで生きることにした』のファン!

 

という方に向けて、『私は私のままで生きることにした』の中で印象に残ったフレーズを少し紹介していきたいと思います。

  • 自分らしい人生って?
  • ゆるぎない自尊心をもとう
  • 自分以外の何者かになろうとしないこと
  • 自分で選択すること

スポンサーリンク

 

続きを読む