Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

フリーランスは体が資本。私が普段行っている健康管理を紹介します。

 

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

 

フリーランスになって3〜4年経つんですが、独立したばかりの頃は何度も体調を大きく崩して仕事がストップしてしまったことがありまして。

自営業の父から「フリーランスは体が資本だ!!!」と口酸っぱく言われているのにも関わらず、懲りずに無理して、大きく体調崩して後悔する...というのを繰り返していました。

 

これではダメだな....と思い、自分なりに健康管理を始めたわけですが、いろいろ試してみた結果、結局は超基本的な運動・食事・睡眠にいきつきました。

この3つを徹底的に守ることで、ここ1年くらいはほとんど風邪を引かなくなりまして、小さな体調不良はあっても、常に良いコンディションを保てるようになってきました。

 

ということで今回は、フリーランスの私が日頃行っている健康管理法を少しシェアしたいなと。

 

  • 毎日30-40分ほどウォーキング
  • 自炊+できる限り体に良いものを食べる
  • 睡眠時間はたっぷりとる
  • 年一回の健康診断
  • 体を冷やさない
続きを読む

ソウルにある性平等図書館”ヨギ”で、韓国フェミニズムの熱を感じてきました。

 

皆さん どうも、そみ(@somi_koguma) です。

 

以前ソウルに行ったとき、韓国フェミニズムと私たち [ タバブックス ]で紹介されていた性平等図書館”ヨギ”に行ってみたので、今回はその訪問記を書きたいなと思います。

 

この施設は

    ・韓国フェミニズムの歴史を知れる
    ・フェミニズム本が読み放題
    ・江南駅殺人事件の追悼ポストイットがある

と韓国フェミニズム歴史の全てがつまったような場所でした。 

 

f:id:schhms:20200321221836j:plain

 

では早速、行き方や館内の様子などを紹介していきたいと思います。

 

本記事の写真は館内の方に許可をいただき撮影いたしました。

  • 性平等図書館”ヨギ”への行き方
  • 館内1階にはMetoo運動の展示が
  • 性平等図書館”ヨギ”

 

続きを読む

大学路(テハンノ)のスンデ専門店、スンデシルロッに行ってみました!

 

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

 

韓国のスープ料理が大好きな私は、韓国滞在中、3食連続でスープ料理ということもざらにありまして。

中でも必ず食べるのがキムチチゲとスンデクッで、韓国の友人と会ったときも「はい、いつものメニューね」と暗黙の了解で連れて行ってくれたりします(笑)

 

で、前回韓国に行ったときも、大学路で有名なスンデ専門店に行ってみたので、今回は簡単に紹介したいなと。

 

    ・スンデが大好き
    ・大学路・恵化で24時間営業のお店を探している
    ・いろいろなスンデメニューを食べてみたい

 

こういった方に参考になるかなと思います。

 

  • スンデ実録 大学路本店へのアクセス
  • スンデ実録のメニュー、店内の様子
  • スンデクッ

スポンサーリンク

 

続きを読む

韓国本オタクはどうやって買う本を決めている?わたしの韓国本リサーチ方法を紹介します!

 

 

こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。

 

先日、1週間だけTwitterに質問箱を設置しまして。

ありがたいことに数名の方が質問やメッセージをくださり、改めて多くの方がツイートやブログを見てくださっていることを実感しました。 

 

ブログには旅行に関する話をたくさん書いているので、当然韓国旅行に関する質問が多いだろうなと思っていたのですが、意外にも韓国本に関する質問が多くてですね。

みなさんも韓国本に興味があるんだなーと、嬉しくなりました。

 

f:id:schhms:20200312170743j:image

 

単純な私は「韓国本の記事、書かなきゃ!」と謎の使命感にかられ、今日もパソコンの前に座ったわけです。

 

ということで今回は、韓国本オタクである私が普段どうやって買う本をリサーチしているのか、どんなサイトを参考にしているのかを紹介したいと思います。

 

  • 韓国の書店のサイト
  • 本を紹介してくれるYoutuber
  • 独立書店、出版社のInstagram
  • 好きな作家さんの紹介
  • 本屋でビビッときた本を買うことも

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

【韓国カフェ】シックで静かな聖水洞(ソンスドン)カフェ、Libreakに行ってみた。

 

 

こんにちは!そみ(@somi_koguma) です。

 

「ソウルでカフェ巡りをするならどこがおすすめですか?」という質問を時々いただくのですが、私はいつも聖水(ソンス)・トゥクソムエリアをゴリ押ししておりまして。

 

人気どころの延南洞や益善洞は常に人で溢れかえっているので、満席だったりのんびりできなかったりします。

一方、聖水(ソンス)やトゥクソムは比較的人が少なく(休日は多いですが)、落ち着いた雰囲気のカフェも数多く点在しています。 

 

カフェでのんびりしたい派の私は、いつも欠かさず聖水(ソンス)やトゥクソムへ立ち寄るのですが、冬にソウルに行ったときもひとつ素敵なカフェを発見しまして。

 

今回もいつものように皆さんに紹介していきたいなと。

f:id:schhms:20200227112607j:image

  • Libreak(리브릭)へのアクセス
  • Libreak(리브릭)のメニュー、店内
  • Libreak Latte

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

20代の女がフェミニズム本を読みまくった結果、生活に小さな変化がたくさん起きた話。

 


どうも、そみ(@somi_koguma) です。

 

普段SNSやブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、私は数年前に韓国の友人から勧められたフェミニズム本を読んだことがきっかけで、フェミニストになりまして。

 

大学時代にジェンダー学の授業を受講していたときも、韓国でMeToo運動が盛り上がっていたときも正直ピンときていなかったんですが、なぜかあるフェミニズム本を読んだときに雷に打たれたような衝撃があったんですよね。

 

それがかの有名な1冊『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らないなんですけれども。

f:id:schhms:20200213172137j:image

 

この本のおかげで、今まで異性や同性に言われてモヤモヤしていたことが次々と腑に落ち、ジェンダー問題を見る視点が180度変わりました。

  

もう元の自分には戻れなった私はそれ以降、韓国や日本のあらゆるフェミニズム本を読み漁り、今まで無意識のうちに感じていた違和感の原因を探る日々を送っていまして。

 

 

10代のころは無関心だったジェンダー問題が、今となっては一生かけて考えつづけなきゃいけない大きなテーマになったわけです。


 

私は以前からこのブログで、縛られることない自由な人生を送りたい!と何回も書いてきましたが、女性としてこの社会での自由を追求していくと、必ずジェンダー問題にぶち当たるんですよね。

言い換えると、ジェンダー問題に無関心な状態で、この社会で完全なる自由を手に入れることは不可能だということ。

これは前々から薄々感じていたことなんですが、今では確信に変わりました。

 

 

一昨年から今年にかけて、50冊くらいフェミニズム関連の書籍を読んだのですが、今回は本を読みまくった結果、私の人生にどんな変化があらわれてきたかを少し紹介したいなと思います。

 

※フェミニズムに対して抵抗がある方は読まれないことをおすすめします。 

 

  • 外見のコンプレックスが減った
  • テレビや広告が違和感の塊になってしまった
  • 韓国の恋愛ドラマが見られなくなった
  • フェミニストでなければこの社会で自分を愛すことはできない
  • おすすめのフェミニズム本
続きを読む

ゆるい生活のバイブル、"しないことリスト"はあらゆる義務から解放してくれる1冊です。

 

こんにちは!そみ(@somi_koguma) です。

 

普段、読んでよかった本はブログやSNSでドンドコ発信しているのですが、数ある良書の中でも特にゴリ押ししているのが しないことリスト という本でして。

こちらの本は数年前、会社員になるかフリーランスになるかの狭間でおかしくなりそうになっていた私を救ってくれた1冊です。

 

常識でガチガチになった頭をゆるくしてくれるバイブル的存在で、常に本棚に置いて定期的に読み返しています。

 

購入して4年ほど経ってますが、今でも読み返すたびに「ほんと、そうなんですよねえ」としっくり感しかなくて、ちょっと心が辛いときにパラリとめくっています。

 

f:id:schhms:20200222174307j:image

 

当ブログに何度も登場している本ですが、そういやちゃんと紹介したことがなかったなーと思ったので、今更ですが簡単にレビューを書いてみようかなと。

 

    ・ゆるい生活に憧れている
    ・みんなができることができない
    ・社会性がないのが悩み
    ・常識や世間の目に振り回されたくない

 といった方におすすめの しないことリスト

今回もグッときた言葉をピックアップしながら紹介していきたいと思います。

 

  • イヤなことをしない
  • 一箇所にとどまらない
  • 同じ土俵で戦わない
  • 最後まで我慢しない
  • 自分の価値観やペースを人生の基準にする

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

【韓国カフェ】乙支路の大林商店街にある隠れ家カフェ、Champ Coffeeに行ってみました。

 

こんにちは!そみ(@somi_koguma) です。

 

以前ブログでも紹介したことがあるのですが、私はウルチロにあるホランイコーヒーというカフェのアイスカフェラテが大大大好きで、ソウルに行くたびここのアイスカフェラテをテイクアウトしていまして。

で、このまえ韓国に行ったときも、ホランイコーヒーに行こうと乙支路(ウルチロ)にある大林商店街(テリムサンガ)に立ち寄ったのですが...

ここで前々から気になっていたカフェを発見してしまい、今回ばかりは浮気してしまいまして...

 

  • Champ Coffee 乙支路店 アクセス
  • Champ Coffeeの店内・メニュー

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

韓国エッセイ”言葉の温度”  何気ない一言に込められている温度について

 

こんにちは、 そみ(@somi_koguma) です。

 

私は普段ひとり行動をよくすることもあって、カフェや電車で隣に座った人の会話を聞こうとしてなくても、スッと耳に入ってくることがあってですね。

全く知らない人ですが、彼等の会話を数分聞いているとそれぞれの日常が垣間見え、みんな考えることは一緒だなーと思うことも、人によってこうも違うのか!とハッとすることもあります。

 

言葉にはそれぞれの人生が滲み出ています。

彼らの言葉から、自分の知らない領域に興味がむくむく湧くこともあるし、冷たく吐かれた言葉に耳を塞ぎたくなるときもあるし、はたまた自分はどうだろうと過去を顧みることもあります。

f:id:schhms:20200213180059j:image

 

 

で、先日読んだ韓国エッセイ<言葉の温度>も、そういった人々の何気ない会話や映画の台詞から胸を打つ言葉を拾い上げ、それについて語っている1冊でして。

読みすすめるうちに筆者の視線が自分と重なっていく、不思議な感覚のエッセイでした。

 

韓国では130万部を突破する大ベストセラーになり、社会現象になるまでに。

さらに東方神起のチャンミンさんの愛読書としても話題になった1冊なんだとか。

 

社会現象になるということは、”言葉の温かさ”に飢えている人が多いことの表れなんでしょうね。

f:id:schhms:20200214211259j:plain

 

ということで今回は、

 

    ・最近なんだか感性が鈍ってきた
    ・韓国の本を読んでみたい
    ・温かい内容のエッセイが好き
    ・東方神起のファン!

 

といった方におすすめの本、<言葉の温度>を紹介し、いつものように印象に残った文章を共有したいなと思います。

 

  • 日常の何気ない風景、言葉を丁寧に味わう
  • だれかにとって、かげがえのない人
  • 年齢の決め手
  •  美しいものを美しいと感じるとき
  • 配慮の上に咲く花

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

ソウルでも釜山名物テジクッパが食べたい!そんなときは弘大にある豚寿百(トンスベッ)がおすすめです。

 

どうも、そみ(@somi_koguma) です。

 

わたしは年に数回韓国に行くのですが、ここ数年はもっぱらソウルばかりでして。

最後に釜山に行ったのは2017年なので、もう3年もご無沙汰していることになります。

 

私がいつもソウルに行くのは、友人がいることと、好きなカフェが多いことが大きな理由なのですが、食べ物は個人的に釜山のほうが美味しいなーと思っていまして。

テジクッパとかミルミョンとかビビムタンミョンとか向こうには大好きなメニューがたくさんあって、たまに猛烈に釜山に行きたくなるんですよね。

 

で、最近もソウルを旅行中「ああ、テジクッパ 食べたい...」という衝動にかられ、ダメ元で近くにテジクッパ のお店を探してみたんです。

すると、弘大にテジクッパの専門店があるとの情報が!!!

 

ちょうどそのとき弘大のVaveというカフェにいたので、そこから歩いて向かってみることにしました。

 

f:id:schhms:20200208203433j:image

 

ということで今回は、

    ・ソウルでテジクッパが食べたい!
    ・弘大でひとりご飯がしたい
    ・弘大で24時間営業のお店を探している

 

という方におすすめのお店、トンスベク 弘大直営店を紹介していきたいと思います。

 

  •  トンスベク 弘大直営店へのアクセス
  • トンスベクの店内・メニュー
  • トンタンバン(テジクッパ)のお味は?

スポンサーリンク

 

続きを読む