Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

望遠洞のブックカフェ、”タンインリ本発電所”は韓国本・コーヒー好きの聖地のような場所です。

 

皆さん、こんにちは!

三度の飯より本屋・カフェ巡りが大好きな(ちょっと嘘)、そみ(@somi_koguma) です。

 

毎回ソウルに行ったら、狂ったように本屋とカフェを巡りまくるのですが、先日行った”タンインリ本発電所(당인리책발전소)”が最強にドタイプのブックカフェでして。

 

内装、外観、置いている本の種類、カフェスペースなどが完璧すぎて、もうどうしようかと思いました(笑)

今まで行ったソウルのブックカフェ、独立書店の中では間違いなくNO.1だったので、今回も鼻息荒めに皆さんに紹介していきたいなと思います。

f:id:schhms:20200107145108j:plain

 

望遠洞のブックカフェ、”タンインリ本発電所”

 

今回紹介するタンインリ本発電所(당인리책발전소)は、元アナウンサーのキム・ソヨンさんが運営なさっているブックカフェ。

1階には本屋とカフェの注文カウンターがあり、2階はコーヒーを飲みながらゆっくり読書できるスペースになっています。

f:id:schhms:20200107115548j:image

 

実はこちらのタンインリ本発電所(당인리책발전소)は数ヶ月前にここ望遠洞に移転したばかり。

以前は合井・上水エリアにあって私もよく足を運んでいたんですが、ある日行ったら店が閉まっていて...

初めは無くなってしまったんだと思って、かなり落ち込んでいたのですが...調べてみたら移転しただけだったという...(安堵)

 

以前より更にグレードアップしたとの噂を韓国の友人から聞き、期待度120%くらいで向かうことに。

 

タンインリ本発電所へのアクセス

 

タンインリ本発電所の最寄駅は地下鉄6号線の望遠駅(マンウォン 망원역)で、1番出口から徒歩2〜3分の場所にあります。

望遠駅へは弘大・合井からバスや電車で行きやすいので、わりと立ち寄りやすい立地条件かなと思います。

 

駅から100mほどとアクセスがよかったので、迷うことなく到着。

入口付近にあった案内の字体が可愛過ぎて、思わずパシャリ。

f:id:schhms:20200107145147j:plain

 

煉瓦造りのお洒落な外観が目印!


大通りから小道にスッと入ると、煉瓦造りのお洒落な建物が現れました。
f:id:schhms:20200107145024j:image

 

この時点で好みすぎて白目。

煉瓦の色も、アイボリーの壁色も、BOOK PLANTのライトも最高に好きな感じ。
f:id:schhms:20200107144915j:image

 

 

「え、移転前より断然よくなってるやん!」「これは本・コーヒー好きの聖地やわー!」としばらく店の前でキャッキャした後、いざ本とコーヒーを求めて入店! f:id:schhms:20200107144958j:image

 

本・雑貨スペース

 

1階の本屋スペースは、こじんまりとした空間にぎっしりと本が陳列されていました。

大型本屋にあるような本以外にも、世の中の流れに合ったテーマの本も数多く置いてあり、独立書店ならではの魅力もちゃんと残していました。

大型本屋だと端のほうに追いやられているフェミニズム・男性学コーナーも設けてあって好印象でした。

f:id:schhms:20200107145100j:plain

 

本屋スペースは天井が低くて少し狭かったですが、本がある空間はやっぱりこじんまりとしているほうが落ち着きますね。

また暖色の照明のおかげか、壁色も真っ白ではなくアイボリーに近いカラーに見え、全体的に温かみが感じられる店内でした。

f:id:schhms:20200107145139j:plain

 

毎週の人気ランキングを貼り出すのは、移転後も変わっていないようです。

f:id:schhms:20200107144922j:image

 

陳列棚をスキャンしながら悩みに悩み、結局ここでは1冊だけ購入することに。
f:id:schhms:20200107144924j:image

 

ちなみに本以外に、このような雑貨も置いてありました。
f:id:schhms:20200107144952j:image

 

ステッカーやメモ帳など、どれもめちゃくちゃ可愛かったです。
f:id:schhms:20200107144909j:image
 

買った本を読みながら、コーヒータイム!

 

本屋スペースの横には会計カウンターがあり、ここで本の購入&コーヒーの注文ができました。

この日はアイスカフェラテとグレープフルーツエイドを注文し、2階でしばし本を読みながら休憩することに。
f:id:schhms:20200107144955j:image

 

本屋がメインですが、カフェのメニューも豊富豊富。

美味しそうなケーキやブラウニーもあって、1階はケーキが焼ける甘い香りが充満していました。
f:id:schhms:20200107145002j:image

 

ドリンクを注文し、2階席へ。
f:id:schhms:20200107144949j:image

 

か、階段も素敵!
f:id:schhms:20200107144906j:image

 

スポンサーリンク

 

 

カフェスペース

 

1階がとても静かだったので、2階は空いているんだろうなーと思いきや、まさかの満席。

広いスペースで席数も多かったですが、長居する人が多いのか、席が空くまで15分ほど待ちました。

おしゃべりしている人はほぼおらず、みんな本を読んだりパソコンをカタカタ打ったりしていて、なんとも静かで穏やかな空気が流れていました。

 

そして1時間程度、イ・ミンギョンさんの新作を読みながらヒーリングタイム。
f:id:schhms:20200107144936j:image

 

注文したカフェラテも、普通に美味しい!
f:id:schhms:20200107145005j:image

友人が注文したグレープフルーツエイドも一口もらったところ美味しかったです。
f:id:schhms:20200107145026j:image

 

私、本を読んでいる人の姿を見るのが好きなんですよね。

本を読んでいるときの真顔でもない、なんとも言えない真剣な表情って素敵だなーと。

そしてふと、私はどんな顔して本を読んでるんだろうと気になったり。
f:id:schhms:20200107145018j:image

 

また、棚には自由に読める本や雑誌もあったので、1階で本を購入しなくても読書を楽しめます。
f:id:schhms:20200107144945j:image

 

ソウルで本とコーヒーを楽しむなら、タンインリ本発電所に決まり!

 

計2時間ほど、本とコーヒーという最高に好きなものに包まれ、心の充電完了!

f:id:schhms:20200107145011j:image

 

店を出るころにはもう辺りも薄暗くなりはじめていました。

BOOK PLANTのライトも点灯していて、また違った雰囲気に。なんて素敵なんだ...
f:id:schhms:20200107144919j:image
久しぶりにめちゃくちゃ好きな雰囲気のブックカフェに出会えて幸せ。

心が疲れたときに立ち寄る、癒しの場になりそうです。

 

www.instagram.com

 

  

★★★

ということで今回は、望遠洞のブックカフェ”タンインリ本発電所”の紹介でした。

最近行った独立書店、ブックカフェの中ではダントツに好みで、これは100%行きつけのお店になりますね。

 

私のように、本やコーヒーがお好きな方は絶対絶対お好きだと思います。

おすすめですよ〜!

 

営業時間:10:00-22:00

instagram:@danginbookplant

本記事は2019年12月時点の情報を元に作成いたしました。 

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事